ページの先頭です

パパだって育児がしたい(平成23年12月19日)

[2019年8月26日]

ID:37

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

光明寺の紅葉がきれいやなぁと思っていたら、もう師走です。
一昔前の女たちにとっての年末年始は、家の仕事で大忙しの季節でした。
28・29日は大掃除をし始め、棒だらをもどし黒豆を炊きだします。30日には餅つきをして鏡餅を作り、紅白なますやたたきごぼうを作ります。大晦日には、残りのお節料理を作って重箱に詰め、八坂さんへ、竈の火をもらうためにおけらまいりに行きます。元旦は朝早く起きて若水を組みお雑煮を作ります。3が日、来客と男たちの世話をし、女にはゆっくりのお正月なんてありませんでした。
その代わり、旧正月を「年越し」と呼び、女たちは日本髪を結い着物を着て、ぞろりと一日中火鉢を囲んで何もしませんでした。この一日だけは、男たちは文句も言えず、何もかも自分でしなくてはなりません。家事のできない男たちは、着飾った母、妻、娘を連れて食事に出かけたものです。
最近では、鏡餅もパックで売っており、お節料理も詰めるだけ~という手もあります。なにより大掃除を夫と一緒にという家庭が増えたそうです。
年末年始は、家族で家事をする第一歩には、いいチャンスなのかもしれませんね。

サンタさんからのプレゼントを見つめます

婿役割・嫁役割について

お子さんと過ごす2回目のお正月は、どのように過ごす?

今のところ特に決めていませんが、親戚と集まって食事をしたり、近くの神社に初詣にいったりと、毎年と同じようにゆっくりと過ごすと思います。
仕事をしているときと違って、「年末年始は仕事が休みや!さあ何しよ!?
という感覚がないので、例年よりもなんとなく過ぎ去ってしまうかもしれないです。

それぞれの実家に行く予定は?だいさんとおつれ合いは、それぞれの実家に行ったとき、婿役割、嫁役割を意識していますか?

すみません、婿役割、嫁役割という言葉を初めて聞きました・・・。
婿役割というのは何をすればよいのでしょうか?
義父さんに酒をつぐとかそういうことでしょうか?
男性は普段あまりそういったことを意識していないのではないでしょうかね。

特に女性は、嫁役割を果たすことが負担で、夫の実家への帰省に気が進まないという人も増えているそうです。婿役割、嫁役割について、どう思う?

私の実家は、そんなにかたい家庭ではありませんが、妻の方が気を使ってお茶を入れたり家事を手伝ったりすることはありますね。それでも今のところはいやがらずに一緒に帰ってくれていますよ。
ただ、家族で実家に遊びに行って一緒にご飯を食べるときでも普通に私が片付けたりもしますし、普段から自宅ではそういうふうにしてるということを私の両親もわかっているので、親のほうもそれほど家事は嫁にやらせようという風には思っていないと思います。
人によっては、「うちの息子にそんなことさせて!!」って怒り出す人もいるのでしょうかね(笑)
でも、私の実家は男兄弟で、それこそ父も含めて家事など全くしていなかったので、母は手伝ってくれる人がいると単純にうれしいという思いはあると思いますが。
私は嫁だからといって、妻が夫の実家で必要以上に嫁役割というのを果たす必要はないと思いますが、「何か手伝いましょうか?」って声をかけたり、料理を作ってもらったら食器を洗い場に持っていくぐらいのことは気持ちの問題としてやったほうがいいと思います。
でも考えてみれば私の祖父の家に親族が集まったりしたときも女性陣が食事の仕度をして男性陣は待っているだけというのが当たり前のようになっていますし、そういう光景はまだまだ残っているのでしょうね。
夫婦間の役割分担であれば二人で話し合えばよいですが、他世代が混じるとどうしても上の世代に合わせるみたいなところがありますよね。

トピック お正月の遊び「羽子板と凧上げ」

中国では羽根に硬貨を付けたものを蹴る遊びがあり、これが室町時代に伝来した羽子板の始まりです。当時の宮中の様子を記録した「看聞御日記 (1432)」では羽根つきに負けたらお酒をふるまったと書かれています。やがて羽根つきで厄払いできると信じられるようになり、江戸時代には年末になると邪気をはらうための羽子板を贈るようになりました。さらに、羽根に使われているムクロジの実を「無患者子」と書き、子どもが患わないという魔よけに通じるものとして女の子の初正月に羽子板を贈る風習が生まれました。
一方、凧上げは、古来中国では占いや戦いの道具の一つでした。日本には平安時代に貴族の遊戯として入ってきましたが、戦国時代には遠方への放火など兵器として活用されました。やがて江戸時代になると、強い子にと男の子の誕生祝いとして凧あげをするようになりました。
大昔から、お正月の遊びには謂れがあり男女区別がされていたんですね。

ワーク・ライフ・バランスについて

だいさんは今、お子さんと関わる時間が十分持てているようですが、職場へ復帰後は、お子さんと接する時間はどのようになる?

もちろん仕事をするわけですから、今よりは子どもと過ごせる時間は短くなりますよね。
でも、保育所や幼稚園に預けたり、小学校に通ったりと段々と親子の時間が短くなっていくことは自然なことですし、いつまでも子どもと一緒にいることもできないですからね。
今は、この幼い時期に子どもと四六時中一緒に過ごせる機会をいただけたことに感謝しています。

だいさんが望むものに近い形で、お子さんとの時間を持てるようにするためには、どのような働き方が理想的?

今うちの子の就寝時間は夜8時なので、平日に子どもとの時間を十分に持つというのはなかなか難しいですよね。
できることであれば毎日子どもと一緒にご飯も食べたいし、お風呂も入りたいです。
でも、仕事をしていればどうしても残業しなければならないこともありますし、必要なことであれば当然やらなければならないと思います。
ただ、妻が育児休業を取得している間はいいですが、二人とも仕事に復帰して子どもを保育所に通わせるようになれば送迎もしないといけないですし、残業したくてもできない、という状況も生じてくるかもしれません。
自分たちで共働きという選択をした以上、家事や育児のことは、夫婦間でなんとか調整したり、場合によってはそれぞれの両親にも協力をお願いするなど、できるだけ職場に迷惑がかからないようにはしたいと思いますが、どう折り合いをつけるのかなかなか悩ましいところですね。
でも、せめて子どもの体調が悪いときとか、大切な行事があるときなんかは、なるべく仕事よりも子どものことを優先させてあげることができればいいな、と思いますね。

トピック 父親の役割とワーク・ライフ・バランス

平成22年度の男性の育児休業取得率が出され、前回に比べて0.34%ポイント低下し、1.38%という結果となりました。
子どもの発育に関して、近年父親の果たす役割の重要性に関する議論が行われています。

  • 「21世紀出生児縦断調査」からは、父と過ごす時間が長いほど「子どもの行動」で「落ち着いて話をきくこと」「がまんすること」等が「できる」という回答割合が高くなる傾向にあるそうです。
    厚生労働省「21世紀出生児縦断調査(特別報告)2001年ベビーの軌跡(未就学編)」(2009年6月)(新しいウインドウで開く)
  • 国際的には、東アジア4都市(東京・ソウル・北京・上海)で比較したとき、東京の父親は、「平日に子どもと一緒に過ごす時間」が4都市の中で最も短く、家事・育児を行う頻度も低いという結果。しかし、休日に子どもと一緒に過ごす時間が4都市中最も長いんだそうです。日本の父親は、できるだけ子どもと一緒に過ごそうとしているものの、平日は仕事のためなかなか難しい様子が伺えます。また、1週間の労働時間が60時間(週5日勤務なら、1日12時間働いていることに!)を超えると、父親の育児参加の度合いが大きく低下する傾向にあるそうです。

こどもの成長

前回から今回までの間で、お子さんに何か変化は?

家族全員風邪をひきました。やっぱりずっと一緒にいるとどうしても家庭内で流行してしまいます。
今回は胃腸にくる風邪で、結構長期にわたって家族順番に下痢や吐き気に襲われました。
我が子も数日にわたってご飯をほとんど食べてくれず、見た目にも大分弱っている様子だったので、ずいぶん心配しました。
ただ体調が良くなったのを境に、それまでの分を取り戻すかのようにモリモリ食べ始め、最近では大人用のお茶碗に手を突っ込んで大人の分のご飯をむさぼり食べているので、逆に「おいおい、そんなに食べて大丈夫か?」と心配しているぐらいです(笑)

プレパパへの「今回のひと言メッセージ」をお願いします。

子どもが下痢気味な時にトイレでトイレットペーパーを使ってオムツからゆるいウンチをこすり落とす作業を担当すると、おつれあいさんの評価があがりますよ。ぜひお試しください。(オムツ交換はヨーグルトのような香りのする産まれたての時期からして慣れておいた方が絶対良いですよ。)

今回はここまでです。次回は、1月12日頃に更新の予定です。お楽しみに!

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム