ページの先頭です

パパだって育児がしたい(平成24年2月21日)

[2019年8月26日]

ID:66

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長岡京市は、静岡県伊豆の国市(旧伊豆長岡町)と平成18年11月11日、姉妹都市盟約の締結を行いました。
そして両市の職員同士も繋がりをつくるため、互いの職員を交換する「人事交流研修」が行われました。
長岡京市からは1月17日から20日まで3名が伊豆の国市へ。
伊豆の国市からは1月24日から27日まで3名が長岡京市へ。そのうちの一人は入所4年目の若い男性で、男女共同参画担当へも来られたので、これまでのこの日記を読み、だいさんへの質問を考えてもらいました。ご自身は、お子さんがおられないということで、これからの人生を豊かに想像しながら、同じ男性として感じたこと、疑問に思うことを素朴に綴ってくれました。

海遊館でお魚に興味津津

伊豆の国市職員さんからの質問に答えます

4月から仕事に復帰するにあたり、不安や心配などはありますか?

仕事に関してはそれほど不安というのはないですが、一年間仕事から離れて生活しているので、4月から頭と体を仕事モードに切り替えられるかというのが若干心配ではあります。
でも、それ以上に、仕事に復帰すると急に子どもと一緒にいる時間が少なくなるので、子どもの私に対する信頼度が下がってしまわないかということの方が心配です…

育児休業を取って感じた、良かった点、悪かった点などはありますか?

良かったことはたくさんあります。まず、子どもとずっと一緒にいれるということが一番ですね。
仕事から離れて日常生活を送るなかで、それまでは感じなかった疑問をもったり、新たなことに気付いたりすることも多くありましたし、いろんな育児支援のイベントや講演会にいってみたりと、仕事をしているとなかなかできない経験をすることができました。
また、時間に余裕があるので、大げさに言うと自分の人生を考え直すというか、これからの生き方について考えるような時間を持てたことも大きかったです。
悪かった点というのは今のところは特に思い浮かばないですね。少なくとも育児休業を取って後悔しているということは全くないです。

男性の育児休業取得を促進するためには、何が(どんな方法が)必要で大切なことだと思いますか?

取得できる期間が延びたり夫婦で同時に育児休業が取得できるようになるなど、育児休業の制度自体は着実に男性も取得しやすいように改善されてきていますし、これから取得者は増えてくると思います。
ただ、実際に男性の育児休業取得を推進するためには、制度の充実と合わせて、職場の風土の醸成というか、取得しやすい雰囲気づくりが大切なのではないかと思います。
私自身、育児休業を取得するにあたって、ある意味自己都合のために周りの人に迷惑をかけるということが一番の気がかりでした。
私の場合は、職場の同僚や上司の方にみなさんすごく理解があって、迷惑がられるどころか逆に後押ししていただいたような状況だったのですが、そのような恵まれた環境にいられることはそうはないのではないかと思います。
あとは、取得する側としては、育児は今しかできないのだから、振り返ったときに後悔しないように今できる限りのことをしよう、仕事のことは復帰してからこれまで以上にがんばろう、というような思い切りが必要なのではないかと思います。

育児休業取得前にしておいたほうがよいと思うことはありますか?

まずは、育児休業の制度をよく理解しておくことが必要だと思います。
取得可能な期間はいつからいつまでなのか、休業中の支援金はどの期間、いくらぐらいもらえるのかなどを確認したうえで、自分の考えているような形で育児休業を取得できるのか、実際に生活がやっていけるのかを確認しておく必要があると思います。
育児休業の制度は徐々に取得しやすいように拡充されてきているので、最新の情報をつかんでおくほうがいいと思います。
あとは、育児休業に入るまでに仕事の整理をつけることですかね。
育児休業の場合は、いつから休むのかがはっきりしているので、それまでにしっかりと担当業務をマニュアル化したり、可能な限り複数で担当するなど、自分にしかできない仕事をできるだけ減らしておくということが大切だと思います。

長岡京市でのデビュー

長岡京市のパパ友と行った図書館の『えほんのひろば』はどうでしたか?

20組ぐらいの親子が参加されていて、男性は私とパパ友さんだけだったと思います。
でも、他の参加者と交流するような感じではなかったので、気軽に参加することができました。
うちの子は読んでもらっている絵本に集中するというよりも、周りの子どもにちょっかいを出したりと落ち着かない様子ではありましたが…。
でも、ああやって親子が集まる場所があって、おそらくボランティアの方だと思うのですが、子どものために絵本を読み聞かせてくれたり、手遊びを教えてくれる人がいるというのは本当にありがたいことだと思います。

トピック えほんのひろば

6ヵ月~2才11ヵ月のお子さんとその親を対象に、おおむね月1回、1日2回(10時30分から11時まで、11時30分から正午まで。同じ内容です)開催しています。
次回は3月13日(火曜日)にあります。3月1日号の広報長岡京でご案内しますので、ぜひお申込みください。

えほんのひろばについてくわしくはこちらのページをご覧ください。

1月末には、保健センターで1才3か月児教室もあったとか。パパの参加状況と率直な感想は?

こちらも多分20組ぐらいの親子が参加していたと思うのですが、パパは私だけでした。
平日だったので「男は一人かもな~」と思ってはいたのですが、部屋に入った瞬間ママと子どもであふれかえっていたので、「やっぱりか~」という感じでした。
私は妻と一緒に行ったのでそこまで居づらいとかはなかったですが、子どもと二人だけで行っていたら少し居づらかったかもしれません。
集団で受ける予防接種なんかではたまにパパも見かけますが、このような平日開催の育児教室にまではなかなかパパはこられないでしょうね(私も仕事をしていたら休んでまではいけないと思います…)。
内容の方は、歯科衛生士の方が劇風に演じながら歯磨きの大切さやコツを教えてくれたり、いろいろな遊びを教えてくれたりと子どもも一緒に楽しめるように工夫されていました。
私と妻にとっては、特に歯磨きの仕方がすごく参考になりました(それまでは全然ダメだったことがよくわかりました…)。
1才3か月児教室という名前の通り、月齢の近い子どもの集まりなので、他の子どもの様子を見たりするのも楽しかったです。

トピック 1歳3か月教室ほか各種の教室

市では、約1歳から約1歳4か月になる子どもを対象とした「1歳3か月教室」を、2回に分けて行っています。
そのほか、10か月教室や離乳食教室、両親教室などを行っています。
健診は4か月、1歳8か月、3歳6か月にありますが、その合間にあるこれらの教室でも、たくさんの学びや交流があるのではないでしょうか。
毎月1日号の広報長岡京「保健・健康」のページでご案内しますので、ぜひお申込みください。

こどもの成長

前回から今回までの間で、お子さんに何か変化は?

少し前までは、パパを呼ぶ時もママを呼ぶ時も「パパ~」と言っていて、私はなんとなく勝ち誇った気分だったんですが、最近は完全に逆転してしまい、どちらに対しても「ママ~」と呼ぶようになってしまいました(涙)
娘が私のことを「ママ~」と呼ぶたびに、「ママじゃないよ、パパだよ」と教えこんでいるんですがいつになったらまた「パパ~」と呼んでくれるのでしょうか。
アンパンマンのことは「パ!パ!」といっているんですけどね(苦)

プレパパへの「今回のひと言メッセージ」をお願いします

子どもと一緒にお出かけするときはオシャレは諦めましょう。
最近、私の服の肩口や胸のあたりは、娘の鼻水でカピカピです(笑)
その前までは、ヨダレでビショビショでした。

今回はここまでです。次回は、3月15日頃に更新の予定です。お楽しみに!

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム