ページの先頭です

パパといっしょ(平成24年9月24日)

[2019年8月26日]

ID:76

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、男女共同参画計画(第5次計画)の基本目標の一つに「男女がともにあらゆる分野に参画できるための支援」を位置付けています。その取り組みの一つとして、「男性の育児休業取得」が進むようにと、たにさんの日記を発信しています。
今回は、子育て支援イベントについて聞いてみました。

京都水族館

子育て支援のイベントや講演会について

育児休業中の半年間で子育て支援イベントや講演会などには参加しましたか?

京都市内で開催された、子育て支援イベントに参加しました。そのイベントは、パパの交流会のようなもので、こどもの成長にあった親子遊びや赤ちゃんが喜ぶ抱っこなどを、保育士の方々から教わりました。
初めてする遊びに、こどもはとても嬉しそうにしていましたね。私も新しい遊び方を教わり、自分のレパートリーがまた増えたので良かったです。
本当はもっといろいろな子育てイベントに参加したかったのですが、まだまだパパを対象にしたものは少ないので、もっと増えたらいいなぁと思います。

その中で、刺激を受けたこと、勉強になったことは?

子育てに積極的なパパは、こどもと遊ぶ時も「楽しいなぁ。」とか「びっくりしたなぁ。」というように、常に声かけをしているし、その態度も堂々としているように見えました。
保育士さんが「ちょっと、そこのパパ!無言でこどもをあやさない、恥ずかしがらずにする!」と言っていたのが、とても印象的でした。
やっぱり男性の中には育児はしたいけど、何か恥ずかしいとか、やり方が分からないという人もいるんだなぁと思いました。でも、このようなパパのための講座なので、そういう気持ちが少しでも変わって、男性が自信を持って育児できるようになれば良いなぁと思いました。

ほかのパパさんとの交流や情報交換は?

自由に話せるようなとてもフレンドリーな形式でイベントが行われたので、たくさんのパパと交流することができました。
横に来られていたパパさんは、おつれあいさんに連れてこられたそうで、最初は何か恥ずかしそうにしていましたが、帰るころには本当に楽しそうな顔でこどもと接しておられました。
その他にも、家ではどんな家事・育児の分担をしているのかとか、こどもが夜起きた時にパパも起きるのかなど、お互い気になることを話せる良い機会になりました。

トピック 長岡京市の子育て支援について

また、市内ではさまざまな子育てサークルも活動されています。

お子さんとのお出かけ

お子さん連れでお出かけしやすいおすすめのスポットを教えてください。

府立植物園は私のおすすめの場所かもしれませんね。きれいな花や木がたくさんあり、こどもも散歩しているだけで楽しめます。また、芝生の横に屋根のある休憩所があるので、そこでごはんを食べさせることができるのが嬉しいです。
買い物だと、やはり百貨店や大型ショッピングモールに行きますね。各階にベビールームや授乳室があり、買い物中に何かあってもすぐに対応でき、ゆっくり買い物をすることができます。

最近のお出かけの中で、おすすめのスポットは?

先日、京都水族館に行ってきました。「えっ、こんなところにあるんやぁ。」というような場所にあるのですが、中に入ってみるととてもおもしろかったです。普通の展示以外に、地元京都の川や里をイメージした展示があり、こどもが大きくなってからもまた来たいなと思うようなところでした。
こどもは初めて魚を見たので、最初は不思議そうな顔でずっと眺めていましたが、だんだんと慣れて、最後の方は水槽に手をやり、トントンしていました。
特に、イルカのショーがお気に入りだったみたいで、イルカがジャンプするたびにイルカに向かって手を振っていました。ショーが終わり会場を後にすると、あっという間に寝てしまいました。きっとイルカのショーが楽しくてクタクタになったのでしょう。

お子さんとのお出かけ時に気をつけていることはどんなこと?

まずはオムツの枚数ですね。お出かけ時にも何回かは替えるので、補充をし忘れていると、後で慌てることになります。そうならないためにも、家を出る前のオムツチェックは重要です。(笑)
今の時期だと、こども用のお茶も携帯するようにしています。暑いので、こまめに水分補給をしています。

お子さんとのお出かけで初めて気づいたこと、不便だと感じたことは?

孫の世話をしているおじいちゃんが、案外多いことにびっくりしました。私はよく朝に散歩をするのですが、いつも孫の世話をしているおじいちゃんに何人か会う気がします。
最近、テレビや新聞で育児をするおじいちゃん「イクジィ」が話題になっていますが、本当にたくさんのおじいちゃんが育児に関わっているのを、改めて実感しました。とても素晴らしいことだと思います。
不便に感じることは、ベビーカーで外出していると、まちのいたるところに段差や溝蓋があることに気づきます。普通に一人で歩いていると、全く気にならないのですが、ベビーカーを押して油断していると、段差や溝蓋に引っかかってつまずきそうになることがよくあります。
また、私が使っているベビーカーは、ちょっと古いからか、持ち手のところが少し低いので、腰痛になりそうです。(私の身長が高いからかもしれませんが・・・。)最近のベビーカーは男性が使うことも考えて作られているため、比較的高さがあるものが多いようです。そういった何気ないことも、こどもと一緒によく出かけているから気づいたことだと思います。

お出かけ先でのハプニングなどは?

こどもが生後2~3カ月の頃のことですが、お出かけ先でオムツを交換しようとベビーカーから出したところ、こどもの白いお出かけ着が、なんと黄色くなっていました。恐る恐る見てみると、オムツから便が漏れていたのです。
いつも着替えを持って外出するのですが、この時に限っては持っていなかったので、慌てて近くのベビー服売り場に行き、服を買うというハプニングがありました。
特にこの頃の便は、やわらかくドロドロとしているので、たまに漏れたりすることはあったのですが、外出先でのこの一件は本当に大変でした。

お子さんとお二人だけでの外出やお出かけは?

散歩がてらよく買い物には出かけます。ベビーカーで行くこともありますが、最近はベビーカーだと途中で出たがることが多いので、抱っこひもで行くことが多いです。
また、京都市のこども未来館にも遊びに行きました。幼児だけでなく、乳児が遊べるスペースがあり、木のおもちゃや柔らかいボールが置いてあります。最近は家だとキッチンのコンロを触ろうとしたり、棚を開けたり危険なことをしたがるため、注意ばかりしないといけませんが、こども未来館ではとても広いスペースでこどもを遊ばせることができるので安心して見られ、こどもものびのびと遊べるので嬉しいです。また、日によって保育士の方々が紙芝居や歌を歌ってくださるので楽しめます。

おつれあいとお子さんとの三人での外出とは勝手が違うな、と感じることは?

ありますねぇ~。うちのこどもは粉ミルクを飲んでいないので、どうしても母乳をほしがります。こどもと二人で外出しても、お腹が減ってくると機嫌が悪くなり、母乳を求めます。抱っこしたり、ベビーカーに乗せたり、お茶を飲ませたりして気分を変えても、2~3時間が限界ですね。今はちょっと悲しいですが、乳離れすれば、二人でもいろいろと行きたいと考えています。

子どもの世話の様子

育児グッズはどんなものを使っていますか?

最近よく使うのが、おでかけチェア(離乳食の時に座らせるベビーチェアですが、イスのように脚がなく、テーブルに取りつけることができるもの)ですね。コンパクトに折りたたむことができ、そんなに重くないので、手軽に持ち運ぶことができます。家で離乳食を食べる時以外にも、外出先でも手軽にセットできるのが嬉しいです。デパートとか百貨店のベビールームには、だいたいこどもが座ることができるイスがあるのですが、そういったイスがない場所では、このおでかけチャアが役立っています。

特にパパが使う育児グッズで、おススメの便利グッズは?

パパが特によく使うというようなものは思い当たりませんが、抱っこひもは個人的によく使っていますね。うちのこどもは、どちらかと言うと寝つきが悪く、よくぐずるのですが、抱っこひもに入ると安心するのか、すっと眠りにつきます。また、ベビーカーで外出するときも途中で出たがったり、ぐずったりすることがあるので必ず持ち合わせています。夏は暑くて大変ですが・・・。

今回はここまでです。次回は、いよいよ育児休業中最後の日記です。お楽しみに!

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム