ページの先頭です

平成22年度第5回市民参画協働懇話会会議録

[2012年12月6日]

ID:274

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

開催概要

日時

平成23年3月1日(火曜日)午後2時から5時

場所

市役所東棟3階会議室7

出席者

喜旦委員、工藤副会長、久留宮委員、谷口会長、田原委員、長尾委員、西田委員、長谷川委員、藤井委員、山田委員

欠席者

川瀬委員、小畠委員、多貝委員、則武委員、深尾委員

事務局

林企画部参事兼市民参画協働政策監、中村企画部市民参画協働担当主査

傍聴者

5名

配布資料

  • 長岡京市市民協働のまちづくり推進計画修正案
  • 長岡京市市民協働のまちづくり推進計画へのパブリックコメント結果一覧
  • 長岡京市市民協働のまちづくり推進計画への主なパブリックコメントの内容

議事

案件1:市民協働のまちづくり推進計画の検討について

事務局説明
以下、意見交換。

寄せられたパブコメへの返答

  • 今回たくさんの意見をいただいている。それぞれ思いを持って意見されており、個々に返答するべきと考えるがいかがか。
    →個別には返答せず、ホームページ又は市民情報コーナーで一覧表にして返答していく。
  • 制度として個別返答はないようだが、改める事ができるのであれば、改善していった方がよいだろう。
    →翌年度に向けて検討する。

市民委員会の設置について

  • 市民の思いをくみ上げる場として市民委員会の設置を、との意見もある。運営も大変だと思うが、十分に意見交流する場が必要ではないか。
    →現行制度として、十分ではないが、まちかどトークや情報公開担当で話を聴ける場は設けている。
  • 計画案の中でも、市民の意見を取り入れる機会をつくる旨を記載しているので、ある程度の方向性は出ていると考える。

市民活動サポートセンターについて

  • 市がセンターの業務にもっと関わっていってはどうか。
    →直営ではなく、指定管理者制度を取っており現実的に難しい。なお、実施してほしい業務については、随時双方で調整をしている。
  • ここ10年でセンターの登録団体も飛躍的に増加しており、センターへの期待は大きくなっている。
  • スタッフ研修も事務局の能力をあげていく必要があることから、以前と比較すると多くなってきている。
  • 行政として、今も実施されていると思うが、さらにセンター運営がなされているのか、きちんとチェックしていく必要がある。
    一法人では手に負えないことも出てきているようだ。計画案でも示されているとおり、人材育成が急務である。
  • センターの主体性を活かしていくことも必要だろう。
  • 予算的なバックアップも検討していく必要があるだろう。

全体を通して

  • 皆さんから貴重な意見をたくさんいただき、推進計画の策定に目途がついたと考える。
  • 計画案の中の項目のいくつかは、サポートセンターが担っていく業務もある。また、市は人・カネ・場所など、たくさんのものを支援していく時期に来ている。
  • 今年度策定した計画が計画に終わらないように、次年度以降に策定されるアクションプランをしっかりと作成していただきたい。

案件2:その他
今後のスケジュールについて

  • 今日いただいたご意見をもとに計画を修正する。
  • 修正後の計画については、会長及び副会長の責任で校正し、最終案とする。
  • パブリックコメントの結果は、計画とともに3月下旬に公表する予定。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市市民協働部自治振興室市民参画協働担当

電話: 075-955-3164

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム