ページの先頭です

平成23年度 第1回公民館運営審議会 議事録

[2013年2月27日]

ID:621

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第1回議事録(要旨)

日時

平成23年8月2日(火曜日)午前10時5分~午後0時5分

場所

長岡京市立中央公民館

出席者

委員長:山下敏夫
副委員長:井尻利守
委員:太田嘉継、山下史織、前川久子、堤明子、森比佐、越本宏子、米田直子
事務局:川上館長、岡本

  • 新委員委嘱状交付
  • 委員長あいさつ
  • 公民館運営審議会の会議の公開に関する傍聴内規について

案件

  1. 平成23年度事業実施報告及び計画一覧について
  2. 平成22年度公民館報について
  3. その他

議事

公民館運営審議会の会議の公開に関する傍聴内規について

事務局より、別添「長岡京市公民館運営審議会の公開に関する傍聴内規」に基づき説明。

質疑応答
委員長)傍聴内規について何か質問は。

委員)傍聴人数5人の根拠は。

事務局)特に根拠はなし。近隣の図書館審議会においては、5人としており、それに準じた。

委員)すでに今回傍聴者の募集をされたが、何日前からどういう形で募集したか。

事務局)7月1日号で、7月17日から31日までの募集を載せている。

委員)それには、募集人数の5人にすると言うことは記入されてないか。

事務局)部屋の関係で入れないこともあり、図書館協議会に合わせて5人とした。

委員)図書館の運営審議会の傍聴内規は。

事務局)図書館の傍聴規則は作成してない。

委員)5人の根拠がないなら若干名でどうか。

委員)若干の方が範囲が広がるのでいいのでは。

委員長)傍聴者の定員は若干名とします。

1.平成23年度事業実施報告及び計画一覧について

事務局より、別添「平成23年度事業実施報告及び計画一覧」に基づき説明。

質疑応答
委員長)説明が終わりました。事業実施報告及び計画一覧について何か質問は。

委員長)環境教育ミーティングは公民館職員も出席しているのか。

事務局)企画は、環境の都づくりが中心になり実施。PRは広報等により公民館が手配している。講座には公民館の担当職員等も参加している。

委員)社会問題学習会の講演と交流会は、参加者と施設関係者との交流ですか。

事務局)地域で介護を考える会で企画・運営をしている。公民館も共催講座として、広報等により市民さんの参加者を募り実施している。

委員)熟年生き生き講座は相当申込が多いが、どんな方法で実施しているのか。

事務局)昔懐かしの愛唱歌を、歌詞を見ながらピアノの伴奏に合わせて歌います。

委員)高齢者になると、声を出すことが健康にもなるし、コミュニケーションも声とともに交わってくる。高齢者のサロンをこのコーラスの続きに、一月に一回でも実施出来るよう要望する。

委員)人数制限があるので、四半期に1回市民ホールで実施したらどうか。

事務局)この講座は、昔ならった曲を皆で一緒に歌い、気軽に参加できることが、人気のある一つの要因になっている。市民ホールで特別版として実施したが、舞台と客席とが離れ、一体感が出たかはわからないが、沢山の人数を集客し楽しく歌うことも一つの方法だと思う。来年に向かって検討したい。

委員)家庭教育学級で、託児の人数に限度があり、申込をやめられたと聞くが、お母さんはストレスを抱えており、もっと沢山参加できる体制を取れないか。

事務局)ボランティアが15人であり、人数的に難しいところがある。今までの託児は5人としている。今回の11人までを託児するのは異例である。しかし、市民のニーズに応えられるように、講座を企画する時には、十分検討する必要がある。

委員)移動公民館講座の実施はどうなっているか。

事務局)今年度も、他の講座の状況を見て、全校区へはいけないので、一校区を選定して、2月頃の実施を考えている。

2.平成22年度公民館報について

事務局より、別添「平成22年度公民館報」に基づき説明。

質疑応答
委員長)説明が終わりました。公民館報について何か質問は。

委員)利用状況において、市関係が増えているのは、どんな部屋が増えているのか。

事務局)社会教育ホールには、市民ホールは含まれない。市民ホールは、利用状況だけしか載せてないが、例えば、公民館事業、市関係事業、社会関係事業を見た場合、市民ホールに限っては、市関係事業が平成21年度の状況では、全体の約40%を占めている。22年度は、市の事業が市民ホールでもかなり使われている状況がある。

委員長)情報公開していないサークルはどんなサークルがあるのか。

事務局)会員数が多く、これ以上増やすことが出来ないサークルがある。

委員長)情報公開していないサークルは、館報になぜ載らないのか。

事務局)外に出てしまう為、情報提供されないところは載せてない。

委員長)公民館運営審議会の資料としてあってもいいのでは。

事務局)公民館運営審議会の資料として、次回の審議会の時にお示しをするが、取り扱いには十分注意して頂きたい。また、次回登録の更新時期が平成24年度4月からであり、登録した場合は、広く市民に公開することが原則として働きかけをしたい。それに向かい整理をしている。

委員長)今年、公サ連の取組で、生きがいづくり教室をされたが、体験してもらい地域に帰るような取組ですか。

委員)年齢的にも新しい人が入ることが難しくなってきている。公サ連に入っているサークルは、登録団体の3分の1程です。今年度の取組の中で、四つのサークルが誕生している。今後も市民の声を聞き、新しいサークル若しくは、現サークルの会員増も含め検討したい。

委員)目的はカルチャー的な。

委員)カルチャーではない。サークルは先生が主体でなく会員が主体のグループです。

委員)どんな分野か。

委員)新しく出来たのは、折り紙、茶花、手芸と編み物の四つです。

委員)京都の昔の女性よりも、現在に近い京都に、根をおろして京都の為につくした女性の文化講座をお願いしたい。

委員長)文化協会からはないですか。

委員)文化協会の発表の場を確保する為に、公民館のギャラリーを利用できないか、公サ連にお願いをして、譲歩して頂いた。

委員長)文化協会の事務局はどこか。

委員)市役所の文化振興課です。独立しておらず事務的な事は文化振興課でお願いしている。

3.その他

委員長)事務局から何かあれば。

事務局)3月の公運審のときに、53回全国社会教育研究大会京都大会が、京都府であり、分科会が、長岡京市で9月にあると案内したが、実は参加費がいることが判明いたしましたので報告します。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市教育部中央公民館総務係

電話: 075-951-1278

ファクス: 075-955-4774

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム