ページの先頭です

国保運営協議会 平成23年度第1回会議概要

[2014年12月15日]

ID:1663

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

平成23年7月27日(水曜日)午後2時~4時

場所

長岡京市役所 南棟3階 第一委員会室

出席者

15名(事務局等を除く)

  • 公益代表委員:河原慶子、久貝和子、西小路晴司、野村治之、福島ウタ子
  • 国民健康保険医、国民健康保険薬剤師代表委員:稲田安昭、齊ノ内良平、外海弘志、水黒知行
  • 被保険者代表委員:石倉啓栄子、佐古勉、宮小路正次、山本正、和田政代
  • 被用者保険者代表委員:塩冶(えんや)進
  • 事務局等:小田市長、山田健康福祉部長、天寅国民健康保険課長、秦谷国保係長、名和管理係長
  • 傍聴者:なし

欠席者

1名

  • 国民健康保険医、国民健康保険薬剤師代表委員:松宮伸幸

議事の経過及び結果

案件

  1. 委嘱状交付
  2. 市長あいさつ
  3. 会長あいさつ
  4. 案件
    (1)平成22年度国民健康保険事業報告について
    (2)その他

報告事項の内容(事務局)

平成22年度国民健康保険事業報告

質疑

(委員)
保険料の未収納はどれくらい発生しているか。

(事務局)
平成22年度だと、未収額が約1億2千万円になっている。

(委員)
平成22年度に未収金となった分はどのくらいの期間徴収することができるか。また滞納となった保険料はどの程度収納できているか。

(委員)
滞納になった保険料は、2年で時効になる。また、平成22年度については約5千万円を滞納分として収納している。

(委員)
過去からの滞納額の経過を教えていただきたい。

(事務局)
ほぼ横ばいの状態である。

(委員)
歳入について、一般会計繰入金の「その他」とされている部分の2千2百万円ほどが一般会計の国保財政補てん部分か。

(事務局)
長岡京市が一般会計から繰り入れている額が全体で4億5千万円である。その中に法で定められたの国ルール分と市が独自に基準を策定している市ルール分があり、質問の部分は後者の市ルール分の総額になる。

(委員)
国民健康保険会計での基金とは、どういう目的の基金になるのか。

(事務局)
国民健康保険会計の基金は、年度内に急激な医療給付の伸びがあった場合、それに対応すること、又、場合によっては保険料の急激な上昇を緩和することが主な目的となる。

(委員)
市町村によっては、もっと一般会計から繰り入れを行っているところもあるのか。

(事務局)
21年度の京都府南部の各市の状況を見ると、法定外の繰入れを行っている保険者と行っていない保険者がある。行っていない保険者では、保険料率を大幅に上げているようである。料率を上げて住民負担を求めるか、一般会計から激変緩和措置をするかの判断をしていく必要がある。

(委員)
国ルール分の国・府からの補助金は一度、一般会計に入るのはなぜか。

(事務局)
法定の国・府が負担する割合が補助金として一般会計に入り、そこに一般会計が負担すべき部分を加算して国民健康保険事業特別会計に繰出し処理をしているためである。

(委員)
後期高齢者支援金について、保険者の保健事業への取り組み内容が芳しくない場合には、近い将来ペナルティが発生すると聞いているが、どのように考えているか。

(事務局)
特定健診・特定保健指導の実施率によって、後期高齢者支援金を増減させる措置が計画されていたが、国保全体での特定健診の平均受診率が国の当初設定した割合を大幅に下回っている状態であり、国の今後の動向を注視する必要がある。

(委員)
出産育児一時金のうち、一人当たり3万円分が産科医療補償制度として支給されているが、社会保険では集めたお金の10%くらいしか利用されていない模様である。それに対して国に制度設定を見直す等の提言は行わないのか。

(事務局)
特に検討はしていない。

(委員)
医療給付費の請求書類であるレセプトについて、どういった方が、どのような点検作業をしていて、どれくらいの効果が上がっているのか。

(事務局)
資格と実務経験を有する嘱託職員とアルバイトが、被保険者単位で過去の受診履歴も踏まえたレセプトの縦覧点検等を実施している。平成21年度は点検による件数が4,146件、金額として4,290万円の効果があった。

(委員)
レセプト点検にかかる費用は保険料で賄っているのか。

(事務局)
国保事業を実施するための経費として一般会計からの事務費繰入金になるため、保険料に転嫁するというものではない。

(委員)
長岡京市として国民健康保険の財政調整基金の適正な保有額はいくら程度になるのか。

(事務局)
国の示している基準では、3億円程度が適正な保有額である。

お問い合せ

長岡京市健康福祉部国民健康保険課国保係

電話: 075-955-9511

ファクス: 075-951-1929

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム