ページの先頭です

国保運営協議会 平成20年度第1回会議概要

[2014年12月15日]

ID:1682

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

平成20年7月29日(火曜日)午後2時~4時

場所

長岡京市役所 南棟3階 第一委員会室

出席者

13名(事務局等を除く)

  • 公益代表委員:久貝和子、藤田康廣、山下國長
  • 国民健康保険医、国民健康保険薬剤師代表委員:在田継久、小原尚之、河上英治、窪田小弓、外海弘志
  • 被保険者代表委員:石倉啓栄子、佐古勉、野村治之、和田政代
  • 被用者保険者代表委員:塩冶(えんや)進
  • 事務局等:小田豊市長、岩崎健康福祉部長、井上国民健康保険課長、天寅国民健康保険課長補佐、永田国保係長
  • 傍聴者:なし

欠席者

3名

  • 公益代表委員:河原慶子、福島ウタ子
  • 被保険者代表委員:長尾稔

議事の経過及び結果

  1. 委嘱状の交付
  2. 市長あいさつ
  3. 会長あいさつ
  4. 議事録署名人の指名
  5. 協議・審議事項

協議・諮問事項の内容

1.諮問事項について(事務局)

産科医療補償制度の創設に伴って、出産育児一時金を35万円から38万円に引き上げる考え方について説明。

質疑

  • 長岡京市内で出産できる医療機関の現状は。
     ・産科として2つの病院と、総合病院として済生会京都府病院の3つがある。
  • 疾病ではない通常分娩まで、国保の予算で給付を行うのはいかがなものか、一般福祉の中で行うべきではないか。
     ・安心して産科医療を受けられる環境を確保するために国保から出産育児一時金を給付するものである。
  • 3万円引き上げられることの根拠は。
     ・産科医療補償制度を担っていく、厚生労働省の外郭団体である「日本医療機能評価機構」が民間の保険会社と契約していくにあたり、算定された一件当たりの保険の掛け金が3万円と試算されている。
  • 出産育児一時金の財源的な内訳は。
     ・市税で3分の2を、残りの3分の1を保険料で賄っている。国からの補助金はない。
  • 脳性まひ以外の医療事故等は対象になるか。
     ・脳性まひに限られた制度である。

2.平成19年度国民健康保険事業報告について(事務局)

平成19年度の長岡京市国民健康保険事業報告について説明。

  • 被保険者の加入状況
  • 被保険者の構成内訳
  • 医療費の状況
  • 一人あたりの医療費の状況
  • 任意給付の状況
  • 平成20年度の人間ドック助成制度の変更点
  • 平成19年度国民健康保険事業特別会計決算見込み

質疑

  • 老健と退職の医療費が大幅に伸びている原因は。
     ・正確な分析はできていないが、医療の高度化、市の国保加入者の高齢化等が考えられる。
  • 脳ドックの受診に女性が多く、人間ドックの受診に男性が多い理由は。
     ・詳しい検証は行っていないが、健康意識の男女差と考えられる。
  • 人間ドックの単価の調整や、受診期間を閑散期に限定することで医療機関と価格交渉していくことはできないか。
     ・団塊世代の大量退職を控えて、財政負担の増加は避けられない。国保の財政負担の軽減の観点からもドックの運営方法を検討する必要があると認識している。
  • 75歳以上の被保険者が人間ドックを受診する場合、何らかの助成制度はないか。
     ・75歳以上の方は、平成20年4月から後期高齢者医療制度に移行したため、国民健康保険のドック助成制度はない。市の健診制度として、75歳以上の方には後期高齢者健康診査を無料で受けていただくことができる。
  • 人間ドック受診者と特定健診の関係はどのようになるか。
     ・人間ドックを受診された方は、特定健診を受診されたものとみなす。このため、人間ドックを受診された方には人間ドックの結果通知のほかに特定健診の結果の通知や特定保健指導の案内も送らせていただくことになる。

3.特定健診・特定保健指導について(事務局)

特定健康診査・特定保健指導の実施概要について説明。

  • 6月末までに国保に加入した40歳以上の方は特定健診によって、7月1日以降に資格を取得した方や75歳以上の方、今回健診の対象外になる30歳から39歳までの方については何らかの制度で健診を受けることが可能であること
  • 国の基準よりも広い検査項目で特定健診を実施すること
  • 受診券は8月中ごろに送付を予定していること

質疑

  • 特定保健指導を受けたが改善されなかった場合はどうなるか。
     ・目標が達成されなかった等の理由で個人としての負担率が上がることはない。
  • 昨年度までは社会保険の被扶養者は市町村の住民基本健診を受けていたが、今後はどうなるのか。
     ・市民健診を受けていただくことはできなくなる。各保険者の行う特定健診を受診いただくことになる。

4.その他(事務局)

  • 国からの交付金、負担金が当初予測していた金額より多く入ってくることがわかった。
  • 20年10月から、保険料の年金からの天引き(特別徴収)が始まる。滞納がないこと、保険料の口座振り込みをしていただける方は本人の申し出があれば口座引き落としが可能になる。

お問い合せ

長岡京市健康福祉部国民健康保険課国保係

電話: 075-955-9511

ファクス: 075-951-1929

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム