ページの先頭です
メニューの終端です。

平成22年3月11日 神足小学校に薪ストーブを設置

[2013年2月19日]

寒の戻りが感じられた3月11日。
神足小学校の図書室に設置された薪ストーブへの点火式が行われました。

この薪ストーブは、西山森林整備推進協議会と独立行政法人 森林総合研究所が取り組む共同研究の一環として導入されました。
薪ストーブには、西山の森林整備の際に出る木材を燃料に利用していきます。
今後は、薪ストーブの暖房効果や二酸化炭素の削減効果を測定しながら、小学校での環境教育にいかしていく予定です。

薪ストーブとは…

薪で火を焚き、ストーブ本体を暖めることで、室内を暖めます。
薪独特の穏やかなぬくもりが得られます。
また、木材を利用することから、環境にやさしいストーブと言われています。

薪ストーブの写真

薪ストーブ設置セレモニー

西山の話を聞く子どもたちの写真

神足小学校からも見える西山を整備して伐採された木材を燃料として使うことを教えてもらいました。

ストーブに薪を入れる子どもの写真

点火には、西山の柴や薪を入れます。

点火する子どもの写真

いよいよ点火!
しばらくすると、ストーブの周りの空気がほんのり暖かくなってきました。

読み聞かせの写真

暖かくなった薪ストーブを前に、先生が絵本を読んでくれました。
神足小学校の皆さんからは、「来年の冬が楽しみになりました。薪ストーブを大切に使っていきます。」というお礼の言葉と歌のプレゼントをいただきました。

西山公園グリーンハウスにも設置しました

グリーンハウスの薪ストーブの写真

西山公園へのお散歩のついでに、立ち寄ってみませんか。
グリーンハウスには、休憩室や展示コーナーがあります。
花や木の図鑑やガーデニングの本が揃った図書コーナーもあります。
来年の冬が楽しみになりましたね。

場所:長法寺谷田9
開館時間:4月から10月は午前9時から午後6時(11月から3月は午後5時まで)
休館日:年末年始(12月28日から1月4日)

西山の森を守るための研究を進めています

昔の人は、薪や柴などの燃料を確保するために、山の一部を全部伐採し、薪や柴として利用していました。
そして、次の年にはまた違うところを全部伐採し、薪や柴として利用する。
それを20年ほど繰り返すと、一番始めに伐採した森の木が元通りに生長し、循環する。
そうやって、西山の森は元気を保っていました。昔の人の生活の知恵はすごいですね。
このような昔の方法で西山の森を元気にできないか…。
今の時代にあった森の管理方法を見つけるための研究が始まっています。

西山での研究風景の写真

西山の森林整備によって伐り出された木材

関連リンク

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

  長岡京市環境経済部農林振興課西山森林整備係
  電話: 075-955-9687 ファクス: 075-951-5410