ページの先頭です

平成23年7月3日 市内で河川の清掃活動

[2014年5月13日]

ID:2158

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市内各地で、市民や事業所のみなさんによる河川の清掃活動が行われました。
市内を南北に流れる小畑川一帯では「小畑川クリーン作戦」が、西部を流れる小泉川では「ちょぼら30」がありました。
流域の小学校の子どもたち、地域や事業所の人たちが参加し、一斉に清掃活動に取り組みました。

小畑川クリーン作戦

小畑川沿いの長岡第七小学校区、長岡第八小校区、長岡第九小校区で、校区内の子どもたち、地域や事業所の人たちが参加して、小畑川の清掃活動をする「小畑川クリーン作戦」が行われました。
各校区合計約1,400人が、川の中や堤防沿い、道路の清掃をしました。
6月には、長岡第十小学校区でも行われました。

長岡第九小学校区の小畑川クリーン作戦は、今年で30回目を迎えました。
主催の「長岡第九小学校区ふるさとコミュニティ協議会」は、クリーン作戦などの永年の功績が認められ、6月に京都府から地域力再生功労者表彰を受けました。

長岡第九小学校の活動のようす

空き缶やペットボトルなどのごみや、道路の砂や落ち葉を集めました。

動物の頭がい骨を見ている写真
清掃している写真

30年前に約1,000人の規模で始まったこの活動は、年々参加者数が減ってきているとのことでした。今年は事前に、若宮橋に横断幕を掲示したり、児童が作ったポスターを地域内に掲示するなどして、参加を呼び掛けました。当日は、約700人が参加し、小畑川をきれいにしました。
(7月3日、長岡第九小学校区を流れる小畑川で)

ちょぼら30

下海印寺のまちづくり協議会が主体となって、小泉川の清掃活動を行いました。
「ちょぼら30」の清掃活動は、平成16年に始まり、奇数月の第1日曜日に行っています。この名称は、「ちょっとだけボランティア。30分だけ清掃しよう」ということから名付けられました。
清掃途中であっても30分で必ず終わるということが、多くの人に継続して参加してもらう秘訣とのことでした。

枯れ草を集めている写真
川べりの草を刈っている写真

(7月3日、下海印寺新川向井橋周辺の小泉川で)