ページの先頭です

平成23年6月4日 西山の間伐材でまき割り大会

[2014年5月13日]

ID:2191

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

浄土谷の楊谷寺第二駐車場で、西山森林整備推進協議会主催の「まき割り大会」が行われました。これは国連が定める「国際森林年」を記念した行事で、森林に親しむことや森林整備の際に出る間伐材の有効活用を目的としています。家族連れなどを含む9組14人の参加者は、山から間伐材を運び出し、森林総合研究所や里山再生市民フォーラムの指導を受けながら、斧や機械を使ってまき割りを体験しました。体験後、参加者はまきを持ち帰りました。

間伐材を山から運び出す様子の写真

山の中から、間伐材を運び出します。

斧を使ってまきを割る様子の写真

参加者の中には、まき割りをするのが初めての人もいれば、自宅にまきストーブがあって日ごろからまき割りをしている人も。
みなさん「楽しい」と話しながら、さわやかな汗を流します。

機械でまきを割る親子の様子の写真

まき割り機を使えば、子どもにもまきを割ることができます。
お父さんは「子どもが喜んでくれてうれしい」と話してくださいました。

子どもがまきを運ぶ様子の写真

子どももまきを運んでお手伝い。

次々とまきが出来る様子の写真

みんなで協力すると、あっという間にたくさんのまきが出来上がります。
自宅にまきストーブを設置している人は「燃料となるまきは、市外から買っていますが、電気やガスに比べて燃料代がかかります。市外から買わずに、地元の間伐材を使うことで森林整備のお手伝いができれば」と話して下さいました。

記念写真

最後に、みんなで記念撮影しました。

(6月4日、柳谷観音楊谷寺第2駐車場で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム