ページの先頭です

平成23年6月19日 国民文化祭 チャリティコンサート

[2014年5月13日]

ID:2205

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

文化で人を、まちを、日本を元気に!

中央公民館で、「国民文化祭×京都シンフォニカ チャリティーコンサート」が開催されました。京都シンフォニカは、主に京都で活動する室内管弦楽団で、今秋に開幕する国民文化祭「オーケストラの祭典 in 長岡京」に出演されます。

弦楽器と木管楽器のアンサンブルが響き渡りました

バッハの「G線上のアリア」やホルストの「セントポール組曲」などのクラシックの名曲から、「見上げてごらん夜の星を」や「ふるさと」などのなじみのある曲まで、全6曲を演奏されました。
1曲目の「G線上のアリア」の演奏後は、拍手の代わりに、黙とうを行い、被災地に哀悼の意を捧げました。
「見上げてごらん夜の星を」や「ふるさと」は、演奏に合わせて参加者全員で合唱しました。

コンサートの様子の写真

演奏の合間に、各楽器を説明し、特性を生かした演奏もありました。

楽器を紹介している写真

コンサート会場では

当日は、国民文化祭のPR隊長の「まゆまろ」も応援にかけつけました。会場内では義援金を募り、約8万円が集まりました。義援金は全額、日本赤十字社に送り、被災地の復興支援に役立てられます。
文化芸術には、人々の心に安らぎを与え、希望や勇気を与える大きな力があります。国民文化祭長岡京市実行委員会では、国民文化祭の取り組みを通して、東日本大震災で被災された方々や日本全体にエールを送っていきたいという思いで、活動を進めています。

国民文化祭PR隊長「まゆまろ」が参加者と触れ合っている写真
義援金をしている写真

(6月19日、中央公民館市民ホールで)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム