ページの先頭です

平成23年4月24日 白黒料理対決とたけのこフェスタ

[2015年6月10日]

ID:2236

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

白黒竹食街道 白黒料理の対決!

4月23日・24日、長岡天満宮八条ヶ池中ノ島で、京都・長岡京竹だけプロジェクトによるイベント「『白』vs『黒』食対決!白黒つけたろか?!」が行われました。来場者は、たけのこの「白」と竹炭パウダーの「黒」を食材に取り入れた料理を味わい、おいしかった料理に投票しました。結果は、黒メニューに軍配があがりました。
会場に訪れた人たちは、白黒2色の料理を食べて「この黒色は竹炭が混じってるの?」「おいしい」と笑顔で話していました。

白黒メニューを購入する人の写真

白黒2色を取り入れた料理が販売されました。
写真は、

  1. ガラシャ白焼きそば
  2. 若竹うどん(竹の子麺)
  3. 竹の子ギョーザ
  4. 竹炭コロッケと黒ジャンボ串カツ
  5. ガラシャ黒やきそば
  6. 竹炭ロールケーキ
  7. 竹炭ワッフル
  8. 白雪姫のマカロン

です。

白黒メニューの写真
白黒メニューの写真

白黒料理対決!投票結果は

白黒料理対決は、黒メニューが勝ちました。

投票結果の写真

得票数は、白メニュー125票、黒メニュー225票でした。

携帯ストラップの写真

投票していただいた人には、抽選で150人に白黒竹食街道の販促キャラクター「すみーアミーごす’(写真左)」か「手作りマカロン(写真右)」のどちらか好きな携帯ストラップをプレゼントしました。

白黒竹食街道は、長岡京市内の飲食店を中心に、食で街を活性化するためにスタートしました。たけのこの「白」と竹炭パウダーの「黒」を食材に取り入れたメニューを開発し、提供しています。

チャリティライブ

東日本大震災への復興を願い、義援金を集めるために、音楽活動をしているプロやアマチュアのグループや歌手が、長岡天満宮八条ヶ池中ノ島の一角でチャリティライブを開きました。

チャリティーライブの様子の写真

(4月24日、長岡天満宮八条ヶ池中ノ島で)

第5回たけのこフェスタ

長岡天満宮の境内では、朝掘りたけのこや竹製品、たけのこ弁当などの販売もありました。

朝掘りたけのこを購入する様子の写真

土から掘りたての新鮮なたけのこが並びました。

そのほかにも色々な竹製品が販売されました。
竹製品の写真

(4月24日、長岡天満宮境内で)

その他のイベント

市長や長岡天満宮宮司のほか、ミスインターナショナル日本代表で「緑の大使」として出席した村山和実さんらが加わり、苗木にシャベルで砂をかけました。
この苗木は「第36回ふれあいグリーンキャンペーン」の一環で、京都市の自動車販売会社から贈呈されたものです。

市の木を植樹している写真

(4月23日、長岡天満宮で)