ページの先頭です

平成23年4月20・21日 京都のスポーツを応援

[2014年5月13日]

ID:2247

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

4月22日 京都サンガが新ユニホームを市長に贈呈

京都サンガの今井浩志社長、大木武監督、染谷悠太選手が市長を訪問され、今期の新ユニホームを贈呈されました。市長は今年度の活躍を願い、エールをおくりました。
Jリーグは、3月に開幕してから、震災の影響で試合を一時見合わせていました。京都サンガは4月24日の岡山戦(西京極スタジアム)から再開され、J1昇格をめざします。ホームタウンとして、みんなで応援しましょう。

京都サンガのユニホームを贈呈する写真

4月21日 女子プロ野球の普及に太田幸司さんが市長を訪問

元プロ野球選手で日本女子プロ野球機構のスーパーバイザーを務める太田幸司さんらが市長を訪問されました。太田さんと共に、同機構の片桐代表取締役と京都アストドリームスの西田代表も来訪されました。

京都アストドリームスの関係者と市長の写真

日本女子プロ野球機構は2009年に発足し、「京都アストドリームス」と「兵庫スイングスマイリーズ」の2チームが参加しています。公式試合は、前期(4~6月)と後期(7~10月)に各20試合行われ、優勝を決定します。京都アストドリームスの本拠地は、西京極のわかさスタジアム京都。日本女子プロ野球リーグ発足への想いと共に、女子野球全体のレベル向上をめざして活動されています。市長との会談の中では、女子プロ野球普及への協力と今後の市民との交流などを話しました。