ページの先頭です

平成22年12月24日 手づくりの門松としめ縄飾り

[2012年12月12日]

ID:2258

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

12月24日、長岡京市老人クラブ連合会のメンバーが、長岡京こらさに手づくりの「門松」や「しめ縄」を飾りました。
毎年、市老人クラブ連合会は、竹寿苑に門松を設置していましたが、今年は、本年度オープンした長岡京こらさに初めて設置しました。
長岡京市老人クラブ連合会社会奉仕部のみなさんが中心となって、正門に「門松」、玄関に「しめ縄」が飾られました。
飾り付けを見ていた人たちからは「正月気分を味わえた」「久しぶりに見て懐かしい」などの声がありました。

入口に飾られたしめ縄の写真
南門に飾られた門松の写真

しめ縄の飾り付け

しめ縄を飾っている写真

「しめ縄」は市老人クラブ連合会社会奉仕部の人の手づくりです。完成した「しめ縄」を玄関に飾ります。

門松づくり

門松に使用されている竹、松、紅白の南天、クマ笹、葉ぼたんなどの材料は、社会奉仕部のみなさんや各地域の老人クラブなど地元の人々のご協力を得て準備されました。

竹を切っている写真

まずは、門松に使用する竹の先が欠けないように慎重に切りそろえます。

竹を紐で縛っている写真

先を切った竹3本は、動かないようにしっかりと束ねます。

竹の長さを調節している写真

完成予定の門松の大きさを考えて、竹の高さを調節します。

門松をつくっている写真

竹、松、紅白の南天などを植え付けていきます。

(12月24日、長岡京こらさで)