ページの先頭です

平成22年8月20日 こんにちはイーサン先生

[2012年12月12日]

ID:2293

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市では、アメリカから英語の先生を招き、市内の小中学校で、英語指導助手として教えていただいています。
バイロン先生とレベッカ先生が帰国され、イーサン・ベンジャミン先生が来日されました。平成22年8月から市内の小中学校で英語を教えていただきます。

イーサン先生の写真

イーサン先生は、これまでアーリントンの小学校などで教えておられました。K-1が好きで、アメリカではジムに通ってトレーニングをされていたそうです。
「英語が話せれば、世界中の人と話すことができます。子どもたちの英語力がアップするようにがんばりたいです。また、日本語と日本のことを勉強したいです。」と市長に抱負を語りました。

さようならバイロン先生、レベッカ先生

バイロン先生とレベッカ先生の写真

バイロン・ブラッドリー先生とレベッカ・ウォルシュ・ブラッドリー先生には、平成21年8月から22年7月まで、子どもたちに楽しく英語を教えていただきました。1年間、ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています。

(上の写真は8月20日、下の写真は7月29日、市役所で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム