ページの先頭です

平成23年12月4日 ヒューマンウイークinおとくに

[2014年5月13日]

ID:2311

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中央公民館で「ヒューマンウイークinおとくに」として「人権を考えるつどい」と「障がい者児の人権を考える市民のひろば」が開かれ、親子連れから高齢者まで多くの人でにぎわいました。映画「奇跡」のバリアフリー上映と是枝裕和監督の講演(ティーチイン)のほか、ステージ発表や展示・体験コーナーなど多彩な催しで来場者を楽しませました。

映画「奇跡」と是枝監督のティーチイン

映画「奇跡」は、両親の離婚によって別々に暮らす兄弟の絆と子どもの成長を描いた作品。漫才師のまえだまえだが兄弟役を好演し、瑞々しい演技が観客に感動を与えました。また第59回サン・セバスチャン国際映画祭で最優秀脚本賞も受賞した作品です。
今回は、バリアフリー上映として京都リップルによる副音声や字幕などで、視覚や聴覚に障がいのある人にも楽しんでいただきました。

ティーチインで観客からの質問に答える是枝監督の写真

上映後に開かれた是枝裕和監督のテイーチインでは、監督が撮影時のエピソードや裏話を披露。観客からの質問にも一つ一つ丁寧に答えてくださいました。観客の一人からバリアフリー上映に対して感謝が述べられると、監督からは「副音声や日本語字幕を求める声をよくいただきます。経費など難しい面もあるが出来るだけバリアフリー上映の機会を増やしていきたい」と話されました。

真剣な表情で観客からの質問に答える是枝監督の写真

是枝監督が、出演者の子どもを演出する際の工夫や苦労話など、撮影秘話を披露してくださいました。

ステージ発表

人権委員の活動報告の写真

人権擁護委員の谷口良江さんが人権相談や市内の幼稚園や小学校を訪問してスイセンの球根を植える人権の花運動など人権擁護委員の活動を報告しました。最後に「市民の身近な相談員なので気軽に相談して欲しい」と呼びかけました。

長十小の児童が体験発表する写真

福祉体験発表として、長岡第十小学校の児童が障がい者の日中支援を行う乙訓若竹苑を見学した時のことを発表しました。重度の身体障がいがありながらも仕事に取り組む姿やその場で話したことから「私たちと同じようにうれしかったり、楽しいことがあり毎日一所懸命生きていることをしりました。お互いを知ろうとする、わかろうとする努力が大切」と話しました。

チャッピー岡本さんのカブリモノ変心塾の写真

ほかにも、長岡京市ろうあ協会とあらぐさ福祉会の体験発表や長岡京市少年少女合唱団と乙訓手話サークルによる合唱などがありました。
その後、親子を対象にしたカブリモノ作家チャッピー岡本さんによる「カブリモノ変心塾」も開かれ、一枚の紙からお面のようなカブリモノを作ったり、クレヨンなどを使って思い思いの絵を描いたりして、子どもたちが楽しい時間を過ごしました。

展示・体験・相談

体験コーナーでは、点字や点図、福祉施設で取り組んでいるさをり織りやアクリルたわしの製作、車いすやアイマスクと白杖などを体験しました。

点字器を使う様子の写真

点字を書くための道具である点字器を使って、自分の名前を書いていました。書き間違えないように点字表とにらめっこしています。

さをり織りをする様子の写真

子どもでも簡単に楽しめることもあって、さをり織りには列が出来ていました。好きな色の糸を選んで、織っていきます。

アイマスクをし、白杖を使う体験をする写真

アイマスクを付け、白杖を使う体験です。介助者の手を借りながら歩いています。

車いすを体験する写真

普段から車いすを使用している人にお話しを聞きます。お母さんは子どもを乗せた車いすを押しながら「ベビーカーと違う。大きさは選べるんですか?」など質問していました。

指文字を練習する様子の写真

指文字の指導を親子で受けています。上手に指で形を作るのが難しい様子です。

卓球バレーの写真

障がいがある人も楽しめる卓球バレー。ピンポン玉を板で打ち合うゲームです。玉は音が鳴るように工夫されています。

展示コーナーでは、人権擁護委員の活動パネル展示や福祉施設と障がい者団体の作品や自主製品の販売も行われていました。ほかにも人権や障がいに関する相談などもありました。

特別支援学級の作品の写真

市内の小学校の特別支援学級の児童が描いた絵画などの展示もありました。

おとくにパオの人形劇の写真

NPO法人おとくにパオによる人形劇もあり、部屋からあふれるくらいの人が詰めかけていました。

(12月4日、中央公民館で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム