ページの先頭です

平成23年10月8日 長岡京竹あそび

[2014年5月13日]

ID:2345

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

秋晴れの中、長岡公園と長岡天満宮境内で「第3回長岡京竹あそび」が開かれました。
昼は、竹を使った遊びや竹工作、模擬店などが、夜は、東日本大震災への鎮魂の意を込めて3000本の竹あかりに火が灯り、コンサートも行われました。老若男女問わず、大勢の人でにぎわいました。

竹林の中の竹あかりの写真

「長岡京竹あそび」は、竹林整備を行う団体を中心とした「長岡京竹あそび連絡協議会」が、子育て支援団体やまちづくり団体、行政、企業、地元商店など多くの団体と協働で取り組みました。市民のボランティアによる手作りの環境イベントです。今年は39団体が参加しました。

昼間は竹を使った遊びや工作を体験

竹で遊んでいる写真

竹をつかったいろいろな遊びの体験。バンブーダンス、うまくとべるかな。

竹の輪投げの写真

自然のぬくもりがある竹製のわなげ。

竹トンボを作っている写真

竹とんぼを作ります。

竹の棒に巻きつけたパンを焼いている写真

竹の棒にパンを巻きつけて焼きます。上手く焼けるかな。

竹工品のブースの写真

置き物やキーホルダーなど手作りの竹工芸作品の販売。

震災復興祈願のメッセージコーナーの写真

震災からの復興を祈願したメッセージが集まりました。

模擬店の写真

模擬店ではたけのこを素材としたお弁当や、軽食などの販売がありました。

来場者も一緒に点灯

市長とお玉ちゃんが竹に点灯している写真

市長とガラシャ祭マスコットキャラクター「お玉ちゃん」が点灯式を行いました。

竹に点灯している写真

廃食油で作ったエコローソクを竹筒の中に浮かべ火を灯します。

竹に点灯している写真

3000本の竹あかりに一つひとつ手作業で。

竹に点灯している写真

竹筒から温かい光が…。

竹あかり

各団体が趣向を凝らした竹あかりに火が灯りました。

竹あかりの写真
ガンバレトウホクという字の竹あかりの写真

東日本大震災の被災地へ向けたメッセージを込めた「ガンバレトウホク」の文字。

ハート型の竹あかりの写真

4つのハート形のものも。

竹あかりの写真
竹あかりを見ている写真

竹筒に一文字づつ「3.11東日本大震災被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます」のメッセージ。

竹あかりのオブジェの写真
竹あかりの道の写真

「鎮魂 がんばれ日本」の文字が暗闇に浮かびあがります。

竹の根っこでつくられたライオンの写真

竹の根っこでつくったライオンのオブジェ。目には赤色のLEDライトが。

八条ヶ池に浮かんでいる竹あかりの写真

八条ヶ池には竹あかりのいかだ。

竹の灯籠の写真

花や建物などが彫られた竹灯籠。

竹のツリーの写真

鮮やかな竹のツリー。

竹あかりの写真

暗闇の中でほんのりと灯る竹あかりはとても幻想的でした。

コンサート

コンサートの写真

軽音楽やオカリナ、ギター、竹太筒のコンサートも行われました。

(10月8日長岡公園、長岡天満宮境内にて)