ページの先頭です

平成23年10月29日・11月6日 国文祭 音楽と舞踊の祭典

[2014年5月13日]

ID:2352

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

10月29日~11月6日に「国民文化祭・京都2011」が開かれ、府内各地で音楽、舞踊、演劇などの芸術文化から地域の伝統文化など、約70のイベントが行われました。
長岡京市では、10月30日に「オーケストラの祭典in長岡京」、11月6日に「クラシックバレエの饗宴」が開かれました。全国各地から演奏家やバレエダンサーが集まり、日ごろの練習の成果を披露。交流の場にもなりました。
国民文化祭は、昭和61年から始まり、「文化の国体」とよばれる国内最大の文化祭典です。

オーケストラの祭典

10月29日、長岡京記念文化会館で「オーケストラの祭典in長岡京」が行われました。会場内の1000席は満席でした。
全国15都府県からアマチュアオーケストラのメンバー約230人が参加しました。大学生のステージと一般のステージがあり、地域や世代を超えた交流をしながら一つの音楽を創り上げました。

大学生のステージ

京都市立芸術大学や同志社女子大学を中心に全国から集まった大学生約110人が、繊細で力強い演奏を披露しました。

大学生のステージの写真
大学生のステージの写真

演奏曲目

交響詩「フィンランディア」(シベリウス作曲)
交響曲第7番(ベートーヴェン作曲)

指揮者

増井信貴

一般のステージ

全国から集まったアマチュアオーケストラメンバー120人が、美しいハーモニーを奏でました。
昨年6月から京都府内の弦楽器の演奏家が参加し、練習がスタート。音楽監督の森悠子さんと副音楽監督の西脇義訓さんの指導により、アンサンブルの中核を完成させました。今年の春からは、全国からの出演者が加わりオーケストラとして拡大し、本番に向けた練習を行ってきました。

一般のステージの写真
一般のステージの写真

演奏曲目

バレエ組曲「シルヴィア」(ドリーブ作曲)
交響曲ニ短調(フランク作曲)

指揮者

吉田誠、中田延亮

ゲスト出演

谷本華子、佐藤一紀、安積宜輝、野村朋亨、鈴木貴子

クラシックバレエの饗宴

11月6日、長岡京記念文化会館で「クラシックバレエの饗宴」が行われました。会場内の1000席は満席でした。
府内選抜メンバーなどの「オープニングステージ」、全国から参加の6団体による「交流のステージ」、府内選抜メンバーとプロダンサーによる「合同ステージ」がありました。府内選抜メンバーは、約半年前から練習を続けてきました。

オープニングステージ

長岡京らしい竹林をイメージした幻想的な創作舞台で幕開けです。さわやかな朝もやの中、輝かしい光が降り注ぎ、竹にエネルギーを与えます。府内選抜メンバーなどが、光に見守られながら竹やスズメが優雅に伸びゆく姿を表現しました。

オープニング舞台で表現している写真
オープニングで優雅に舞いながら表現している写真

交流のステージ

新潟県や広島県など各都道府県から推薦を受けた6団体・総勢約150人が、創造性あふれる個性豊かな舞台を披露しました。

6団体の舞台発表の写真
  1. 新潟県洋舞協会(新潟県)の「モザイク」。神秘的で美しいモザイク装飾のイメージと華やかな音楽を重ね合わせたステージです。
  2. 川上恵子バレエスクール(大阪府)の「眠れる森の美女」プロローグより「パ・ド・シスと妖精達」。妖精達が、生まれたばかりのオーロラ姫へ祝福の踊りを贈る場面を表現したステージです。
  3. 石井アカデミー・ド・バレエ(三重県)の「エル・タンゴ」。クラシックバレエの技術とモダンな動きを組み合わせたステージです。
  4. AIS YOUTH BALLET COMPANY(兵庫県)の「くるみ割り人形」より「Waltz of Flowers」。チャイコフスキー三大バレエのひとつである「くるみ割り人形」。くるみ割り人形を抱いた主人公クララが魔法の旅へ出ます。雪の精が踊る雪の国を旅し、お菓子の国では歓迎の踊りが繰り広げられます。その第2幕から抜粋したコール・ド・バレエのステージです。
  5. 平林美奈子舞踊研究所(山梨県)の「モーツァルトコンサート・ロンド」。笑顔が周りに与えてくれる力をモーツァルトのメロディに合わせ表現したステージです。
  6. (公社)日本バレエ協会中国支部広島(広島県)の「海賊」より「花園」。トルコ総督パシャの華やかな夢の花園を美しい音楽と踊りで表現したステージです。

合同ステージ

京都府内選抜で選ばれたバレエダンサーとプロダンサーの下村由理恵さんと青木崇さんらとの合同作品「ドン・キホーテの夢」。バレエ「ドン・キホーテ」は、物語を読みすぎて自分を伝説の騎士を思いこんだドン・キホーテが、物語の中に出てきた姫を探しに行くという話です。
今回は、ドン・キホーテの視点から迫力ある踊りを中心に再構成し、約1時間にまとめられました。現実の世界である街のシーンでは、鮮やかな衣装に身を包んだ女性が華麗に踊りました。夢の世界である森のシーンでは、妖精たちが美しく舞いました。華やかで迫力あるステージに、観客からは、大きな拍手が送られました。

舞台で迫力ある踊りを披露している写真
リズムに合わせて表現している写真
音楽に合わせて優雅に舞っている写真

おもてなし茶席と長岡京市物産展

10月30日、11月6日に長岡京記念文化会館で、「おもてなし茶席」と「長岡京市物産展」が開かれました。
茶席では、野点によるお茶とまゆまろの特製お茶菓子で、会場に訪れたお客様をあたたかくもてなしました。

「おもてなし茶席」の様子の写真
おもてなし茶席の写真
おもてなし茶席の写真
まゆまろの特製お茶菓子の写真

大人気のまゆまろの特製お茶菓子。

長岡京市物産展の写真

長岡京市物産展では、長岡京市の特産品をはじめ長岡京ならではの商品も販売されました。

(10月30日、11月6日、長岡京記念文化会館で)