ページの先頭です

e-Tax利用には個人番号カードまたは電子証明書付き住基カードが必要

[2016年12月2日]

ID:2831

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

インターネットの「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」を利用して、確定申告をすることができます。
利用には、個人番号カード(署名用電子証明書が搭載されたもの)または住民基本台帳カード(電子証明書が搭載されたもの)と、家電量販店などで販売しているICカードリーダーライタなどが必要です。

e-Taxについて詳細は、

「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」(別ウインドウで開く)

をご参照ください。

※社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、住民基本台帳カードの発行及び住民基本台帳カード向け電子証明書の発行は、平成27年12月22日で終了しました。

※平成28年1月以降は、住民基本台帳カードにかわり個人番号カードを交付しています(電子証明書は標準搭載されています)。個人番号カードについての詳細は平成28年1月から「個人番号カード」の交付が始まりましたをご覧ください。