ページの先頭です

4月21日待ちに待った“にそと”が開通

[2013年4月23日]

ID:3086

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

待ちに待った京都第二外環状道路(にそと)が、21日に開通しました。本市にとっては、名神高速道路から半世紀ぶりの高速道路の開通となりました。同じ日の午前中には開通式が開かれ、多くの関係者が出席し、開通を祝いました。

“にそと”開通を祝うテープカットとくす玉開きの写真
式辞に立つ山田啓二京都府知事の写真

山田啓二京都府知事は式辞の中で「京都府の南北を貫く京都縦貫自動車道が名神高速道路につながった。京都府内の均衡ある発展の軸が完成した。この道路をいかすことを、手を携えてがんばっていきたい」と力強く話しました。

あいさつに立つ小田豊市長の写真

続いて、あいさつに立った小田市長は沿線住民や関係者へ謝辞を述べた後「この道路が、いつの日か“ガラシャ光秀街道”と呼ばれるようになり、長く愛されることを願っている。また高架下に建設中の阪急「西山天王山駅」が開業すれば、車と鉄道、そして高速バスの結節点とし、新たな展開を迎える。より一層の地域振興、観光振興につながるものと確信している」と話しました。

来賓祝辞を述べる谷垣禎一法務大臣

式典には、京都選出の国会議員をはじめ、沿線自治体の首長や議長のほか、国土交通省や西日本高速道路株式会社の関係者が列席しました。来賓として招かれた国会議員らは、祝辞の中で、先人たちへの感謝を述べ、京都の、そして地域の発展について尽力したいと話しました。

会場全体で万歳を三唱する写真

式典の最後に江下傳明大山崎町長の発声で万歳を三唱し、開通を祝いました。

テープカットとくす玉を開く写真

その後、高速道路上でテープカットとくす玉開きを行い、走り初めの車列が並びました。

ファンファーレを演奏する長岡中学校の吹奏楽部の写真

ファンファーレを演奏した長岡中学校の吹奏楽部

地元企業が先頭となって走る走り初めの車列の写真

走り初めの車列には、地元の協力企業も加わりました

“にそと”開通で便利で安全な道路へ

京都府北部と名神高速道路をつなぐ

にそとは、沓掛IC~久御山ICをつなぐ約15.7キロメートルの自動車専用道路で、今回開通する区間は、沓掛IC~大山崎JCT・IC間の約9.8キロメートルです。開通後、名称は京都縦貫自動車道に統一され、京都府北部と名神高速道路をつなぐ重要な役割を担っています。

利便性が向上

京都縦貫自動車道の沿線市町を代表するご当地マスコットたちの写真

開通により、大山崎JCT・IC~宮津天橋立IC間の所要時間が約110分から約85分に短縮されます。また、現在建設中の丹波IC~京丹波わちIC間が開通すると、さらに10分の短縮が見込まれています。京都府南北の交流の活性化も期待され、本市を含む10市1町が手を携えて展開しているNHK大河ドラマの誘致活動にも力を入れていきます。
【写真は京都縦貫自動車道の沿線市町のご当地マスコット】

渋滞と事故の減少に期待

開通により、市内を通過する自動車が減ることが予想されます。交通渋滞の解消はもとより、事故の減少など、安心・安全で快適な道路環境が期待されます。

今年度中に開業予定の阪急西山天王山駅

高速道路+鉄道+バスがつながる 

阪急新駅「西山天王山駅」東口の完成イメージ図

にそとの高架下に建設中の阪急新駅「西山天王山駅」は、今年度中の開業が予定されています。新駅周辺には、高速バス停やパークアンドライド駐車場を整備し、高速道路と鉄道、バスを快適に乗り継ぐ高い利便性を提供します。
【画像:阪急西山天王山駅の東口の完成イメージ図】

駅前広場を整備 

西山天王山駅の東西には駅前広場を整備し、雨の日の送迎や新たなバス路線の運行など、通勤・通学に便利になります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム