ページの先頭です

水資源対策基金と緑の協会が公益財団法人に

[2013年5月7日]

ID:3108

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市が出捐する「長岡京水資源対策基金」と「長岡京市緑の協会」が4月に公益財団法人へ移行しました。

長岡京水資源対策基金

長岡京水資源対策基金は、地下水位の低下を契機に、昭和57年10月に、地域の企業と市が協力し、財団法人として設立されました。将来にわたって地下水が利用できるよう、保全と適正な活用に取り組んでいます。

公益財団法人の看板を掛け替える小原理事長と小田市長

基金は、地下水を使用する市内の企業24社などで構成されています。
以前から地下水位の調査などに取り組んできましたが、最近では、地下水の啓発を目的に長四小校区や長九小校区の地域コミュニティ協議会が行う井戸掘りへの助成や、水源かん養につながる森林整備への助成を行っています。今年度下半期に開業を予定する阪急西山天王山駅に設置する地下水100%の水道水供給施設への助成も予定しています。
(写真は看板を掛ける小原理事長と小田市長、4月1日市役所で)

詳しくは、次のページをご覧ください

長岡京市緑の協会

公益財団法人の看板を掛ける山本理事長と小田市長

長岡京市緑の協会は、市街地の緑を守り、育てることを目的に、平成10年4月に財団法人として設立されました。緑の講習会や生け垣の整備への助成のほか、市民グループが道路や公園の清掃や花壇の整備などを行う「みどりのサポーター事業」などに取り組んでいます。
(写真は看板を掛ける山本理事長と小田市長、4月22日西山公園グリーンハウスで)

記念植樹をする山本理事長と小田市長

公益財団法人への移行を祝う式典の後、西山公園に市の花であるもみじを植樹しました。

詳しくは、次のページをご覧ください

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム