ページの先頭です

6月14日八条ヶ池周辺が都市景観大賞の国交大臣賞を受賞

[2014年7月1日]

ID:3215

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

キリシマツツジが見ごろを迎える八条ヶ池周辺の写真

長岡京市の「八条ヶ池周辺地区」が、平成25年度都市景観大賞の都市空間部門で、最高位の国土交通大臣賞を受賞しました。

表彰状を受け取る小田市長の写真

6月14日、東京のすまい・るホールで開かれた「まちづくりと景観を考える全国大会」で表彰式が行われました。出席した小田市長が、梶山弘志国土交通副大臣から表彰状を受け取りました。

市民のみなさんと守り続けてきた八条ヶ池周辺の景観

キリシマツツジと八条ヶ池の写真

この賞は、良質で優れた都市景観を市民が活用し、地域の活性化に結びついている事例に贈られる賞です。八条ヶ池周辺地区は、歴史に育まれた景観を守り、活用する取り組みを官民一体で進めていることと、八条ヶ池からの西山の眺めを損なわないように、建物の高さ制限などのまちづくりが進められている点が高く評価されました。同賞には、下関市の「城下町長府地区」と熊本市の「熊本駅周辺地区」も選ばれました。

四季折々に見せる様々な表情

西池の紅連の花が開く写真

阪急長岡天神とJR長岡京駅から歩いて10~15分の距離に位置する八条ヶ池周辺地区。市の中心市街地にほど近い立地にありながら、広大な池と豊かな森、季節の花々が、四季折々に様々な表情を見せてくれます。春には東堤の桜並木と中堤のキリシマツツジが、初夏から夏にかけては西池でショウブや紅蓮が、秋には長岡天満宮境内にある錦景苑で紅葉を楽しむことができます。

幻想的な風景を作り出す竹あそび

季節を問わず市民の散歩コースとして、隣接する長岡公園ではテニスやグラウンドゴルフなどのスポーツやレクリエーションの場として親しまれています。また春と秋の観光まつりや八条ヶ池夏灯籠、秋には市民活動団体が「竹あそび」や音楽イベント「長岡京ソングライン」などが開かれ、市民の集いの場となっています。(写真は去年の竹あそびの様子)

(6月14日、すまい・るホールで)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


6月14日八条ヶ池周辺が都市景観大賞の国交大臣賞を受賞への別ルート