ページの先頭です

9月22日市内で音楽イベント開催

[2013年9月26日]

ID:3463

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

秋晴れとなった9月21日と22日、市内で音楽イベントが開かれ、市内外から訪れた多くの人でにぎわいました。

長岡京ソングライン'13

長岡京ソングラインの舞台の写真

野外音楽フェスティバル「長岡京ソングライン」が、9月22日、長岡公園一帯で開催されました。長岡京ソングライン実行委員会が主催するもので、「広場エリア」「竹林エリア」「梅の丘エリア」「水上橋エリア」と4つの会場に分かれ、それぞれ屋外ライブステージや飲食店などが設置されています。

広場会場のステージライブ写真

会場は市内外から訪れた多くの若者や、親子連れなどでにぎわっていました。音楽に惹かれてステージに近付いた子どもに、アーティストが優しく歌いかける場面も。

青空ギター教室で教えてもらう男性の写真

長岡公園グランド近くの「竹林エリア」では、青空ギター教室が開かれ、はじめてギターに触れる子どもから、久しぶりに弾く経験者の男性まで、老若男女が音を奏でる楽しさに触れていました。

水上橋ステージの写真

体を揺らしたり、手拍子したり、計46組のアーティストの音楽を、思い思いに楽しんでいました。

長岡京ミュージック商店街

市役所前メインステージでのイベント写真

9月21日、22日の2日間は、市内商主らによる実行委員会が「ミュージック商店街」を開催。
市役所前のメインステージでは、9月21日にオープニングライブが、22日にはエアギターコンテストやカラオケのど自慢など多彩なイベントが行われました。

エアギター選手権の写真

「エアギター選手権」では、2012エアギター日本チャンピオンのチョコバット鵜飼さんも参加し、模範演技を披露。激しいアイドル曲に合わせてエアギターをかき鳴らすと、その臨場感に会場が湧きます。

(注)「エアギター」では、実際には楽器を持たずに、まるでギターを弾いているかのように、音楽に合わせて、演技することです。

エアギター選手権参加者の写真

エアギターの極意は「リズムに乗っているか」「スターっぽく、カリスマ性を出せているか」「ギターが見えるか」の3点。
チャンピオンの演奏を見て奮い立った参加者たちの迫真の演奏に、観客から大きな歓声が上がります。出場者はそれぞれ、ステージから飛び降りて客席に近付いたり、激しくジャンプしたりしながら弾き、観客や審査員にアピールしました。

優勝者の写真

厳正な審査の結果、優勝者には「エア3億円」が授与されました。

店内ライブの写真1

21日、22日には、9店舗内でライブも。
衣料店からワインバー、喫茶店や本屋など、さまざまな店で音楽が演奏され、来店した人々を楽しませていました。

衣料店でのライブの写真

店舗により、ゆっくりと聴ける曲から、元気のいいバンドまで、さまざまな曲が披露されました。

書店でのライブ写真

ラストの曲が終わると「もう一曲!」とリクエストが入る場面も。

(9月21日・22日、市内一円で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム