ページの先頭です

10月13日市民大運動会-秋晴れの下、さわやかな汗を流す

[2013年11月8日]

ID:3518

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

力を合わせて勝利をめざす

両手をあげて100メートル競走のゴールテープを切る女性の写真

雲ひとつない晴天に恵まれたこの日、市内の小学校で市民大運動会が開かれました。メーン会場となった長岡第八小学校には、子どもからシニア世代まで約1200人が参加。玉入れや綱引き、リレーなど各地区が優勝目指して力を合わせました。

玉入れ

玉入れ子どもの部の写真

小さな体をいっぱい使って、かごをめがけて玉を投げます。たくさん入ったかな?

ざる引き競争

ざるからピンポン玉をこぼさないようにそろりと走る様子の写真

ピンポン球をざるに乗せ、落とさないようにひっぱります。急ぎたいのに急ぐと落としてしまうので、みんな慎重に走ります。

100メートル競走

100m競争でゴールテープを切る男の子の写真

午前の部のハイライト、100メートル競走は大人も子どもも真剣勝負。勝って喜び、負けて悔しがり。悔し涙を流す子どももいました。

ゴール間近の100m競争の写真

「ガンバレ!ガンバレ!」「行けー!」客席からは大きな声援が飛びます。

世代を超えて

小学生未満の子どもとシニア世代が一緒にボールを持って競争する様子の写真

小学生未満の子どもとシニア世代が一緒にボールを持って競争します。みんなとっても楽しそう!

マイペース

小畑川沿いを走る参加者の写真

午前の部の締めくくりは「マイペース」と名付けられたミニマラソン。学校を飛び出し、恵解山古墳の横を通ってサントリー通りへ、そこから小畑川沿いを走って学校へ戻る全長2.2キロのコース。速さを競うのではなく、自分の体力に合わせて完走をめざす競技、とは言うものの参加者の多くは息を切らして走りました。

幼児ドン

幼児が元気いっぱい走る様子の写真

午後の部のスタートを飾るのは「幼児ドン」と名付けられた小学生未満の子どもたちの徒競走。元気いっぱい走った後は、ゴールでお菓子の詰め合わせをもらって大喜び。

綱引き

力いっぱい綱を引く男の写真

子どもと大人、それぞれ男女に分かれての綱引き。歯を食いしばって、踏ん張って、力いっぱい綱を引きます。

綱を引く女性の写真

「ヨイショー!ヨイショー!」掛け声かけて、チームで息を合わせます。

タイフーン

竹竿を3人で持って走る様子の写真

3人一組で竹の棒を持ってパイロンをぐるりと一周するリレー。棒の中心とまん中、外側の人の走るペースを合わせます。

グラウンドゴルフリレー

グラウンドゴルフリレーをする写真

シニア世代が主役の競技です。リレーの速さではなく、打数を競うこの競技。30メートル離れたゴール旗に正確なショットを打ちます。

混合1200mリレー

リレーで走る様子の写真

トリを飾ったのは地区対抗の1200メートルリレー。100メートルを12人が走り、バトンをつなぎます。地区が一つになって走り、応援しました。参加者は、秋晴れの下、気持ちの良い汗を流しました。

(10月13日、長岡第八小学校で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム