ページの先頭です

2月1日 長三小校区に地域コミュニティ協議会が設立

[2014年2月4日]

ID:3750

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長岡第三小学校区に地域コミュニティ協議会が設立され、同校体育館で設立総会と記念式典、記念講演が開かれました。
開会のあいさつをする会長

開会に先立ち、橋本政道会長が「災害の時など自治意識を発揮できるよう地域で助け合う力を高めていきたい。地域の皆さまには、積極的に自治会や各種団体へ加入して、地域で助け合う喜びを感じてほしい。」とあいさつしました。

式典であいさつする市長

総会に続いて記念式典が行われ、市長が「5番目の小学校区コミュニティ協議会の誕生を大変うれしく思います。これからは小学校区単位で横のつながりを持ち、力を合わせていく中で、防犯・防災・福祉・教育への住民意識が高まることを願っています。」とあいさつしました。

映像を用いて今里のむかしを語る中尾さん

式典の後は、リレー講演「『かやりの里』の今昔」と題し、地域の歴史について3人が講演しました。
市生涯学習課の中尾秀正課長は「映像で見る懐かしい人々」をテーマに、今里地域が昔、蚊を煙で追い払う「蚊やり」にちなんで「かやりの里」と呼ばれたことなどを紹介しました。

講演をする乙訓寺住職

続いて乙訓寺の川俣海雲住職は「乙訓寺と『かやりの里』」をテーマに、乙訓寺の今昔をおもしろおかしく語ってくださいました。

講演をする林義信さん

最後は地元に長年暮らす林義信さんが「第三小学校・第二中学校の開校に懸けた願い」をテーマに話しました。
出席者は自分たちの住む地域の歴史を改めて学び、先輩たちが苦労して築いてきた歴史を次の世代に伝えていこうと、思いを新たにされたのではないでしょうか。

(2月1日 長岡第三小学校)