ページの先頭です

長岡京ガラシャ祭2014-中央広場会場・文化センター通り~長岡中学校での準備の様子

[2014年11月14日]

ID:4431

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

楽市楽座

市民ステージショー

フラダンスの演舞

中央公民館市民ひろばには特設ステージが設置され、様々な団体がパワフルなパフォーマンスを披露しました。ステージ周辺には発表を一目見ようと多くの人が集まり、会場は大いに盛り上がりました。鮮やかな衣装のフラダンスチームの発表では、優雅な舞いに会場から大きな拍手がわき起こります。

ヒップホップダンスB-TRIBE

続いてヒップホップダンスのサークル「B-TRIBE」の発表。ポップダンスやR&Bダンス、ハウスダンスなど時代ごとに異なるダンスの種類を実際に踊りながらわかりやすく解説していました。

ダブルダッチ

2本の縄を同時に回し、それを跳びながらパフォーマンスする「ダブルダッチ」の演舞も。タイミングを合わせて走り抜けたり、中で宙返りをしたりと息の合った演技に会場から歓声が起こりました。

ストリートダンスONE

「ストリートダンス・ワン」は元気いっぱいのダンスを披露!ほかにも多くのサークルの発表が行われ、訪れた人々を大いに楽しませていました。

模擬店

きのこごはんの出店

模擬店では、たこ焼きや甘酒、おでんのお店などが並び、多くの人でにぎわいました。

飴細工屋さんの出店

子どもに大人気の「ふなっしー」や「妖怪ウオッチ」のキャラクターを模した飴細工のお店もありました。

フランクフルトを食べる家族

秋の味覚、きのこの炊き込みご飯のお店も。いろんな味覚を一度に楽しめて大満足!お祭りの醍醐味ですね。

行列巡行

歴史文化行列

行列の先頭の写真

お昼頃まで降り続いた雨の影響で、長岡第六小学校の体育館で出発式を行った後、3年ぶりの行列巡行がスタートしました。先頭を行くのは、長岡京ガラシャ祭実行委員会会長の小泉正次さんです。

継体天皇ご一行の行列

まずは歴史文化行列です。古墳時代にこの地に存在した弟国宮を治めた継体天皇らに扮するのは長岡第十小学校区のみなさん。

清少納言らご一行の行列

平安時代の清少納言らに扮して歩く長岡第四小学校区のみなさん。

お輿入れ行列

お輿入れ行列のお玉さん

歴史文化行列に、お輿入れ行列が続きます。ガラシャ祭の主役、細川玉の輿が近づくと、沿道の観客は拍手で出迎えました。

細川麝香の輿

それに続くのは、細川藤孝(幽斎)の妻で、忠興の母の細川麝香(じゃこう)です。

町衆祝い行列

京都造形芸術大学のやんちゃく連

行列の最後部は、玉と忠興の婚礼を祝う町衆祝い行列です。今年初参加の京都造形芸大の学生たち「やんちゃく連」のみこし。長岡中央商店街内で市民に願いを書いてもらった絵馬をみこしに乗せ、願いの成就を祈願しました。

なるこ踊り

なるこ踊りの演舞の写真

行列を締めくくるのは「え~とこな!長岡京なるこ踊り」の一団。市内の小学生や、大学生をはじめとする若者で作られた多数のチームが、華麗なパフォーマンスを繰り広げました。

アゼリア通りでのなるこ踊りの舞い

和風のダンサブルな曲に合わせて、笑顔いっぱいの演舞を見せる京都チーム「櫻嵐洛」のメンバー。

踏切前で踊るなるこ踊りのメンバー

見ているこちらまで元気をもらえるような、息のぴったり合ったパフォーマンスに、沿道の観客からは大きな拍手がわき起こりました。

行列巡行の準備の様子

化粧中の女性

行列の着付けや化粧などは、時代劇なども手がけるプロの手によるもの。おしろいや頬紅などで次第に当時の女性の面持ちが再現されていきます。

メイク中の忠興さん

段々とメイクアップが仕上がっていくに連れて、緊張感も高まっていきます。

侍の出で立ちの男性4人

侍の格好に変身して、気持ちも引き締まりますね。

ちびっこの町娘姿

女の子も町娘の姿に大変身。「わらじがちょっと歩きにくいけど、変身できて楽しい」と声を弾ませていました。

(11月9日、中央公民館、文化センター通り、長岡中学校で)