ページの先頭です

平成26年度 第2回 社会教育委員会議会議録

[2014年12月2日]

ID:4438

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

平成26年11月11日(火曜日)午後1時30分~同3時15分 その後視察

場所

長岡京市立長岡第八小学校 体育館 会議室

出席者

社会教育委員

秦委員長・加藤副委員長・鳥居委員・中西委員・藤山委員・山口委員・小林委員・湯川委員・田中委員・山本委員(10名)

行政側

教育長・教育部長・文化・スポーツ振興室長・教育総務課長・学校教育課長・青少年育成担当主幹・北開田児童館長・中央公民館長・図書館長・生涯学習課長・社会教育指導員・事務局(13名)

会議録の公開の可否

公開

傍聴者

会議次第

開会

あいさつ

協議

  1. 平成27年度社会教育関係団体の補助金について
  2. ~住みつづけたい歴史のまちづくり~「地域の歴史・文化の次世代への継承」

報告

  1. 平成26年度社会教育関係団体の活動状況について
  2. 平成25年度社会教育関係各課の事業報告について
  3. 平成26年度近畿地区社会教育研究大会について

その他

  1. 平成27年度社会教育の重点について
  2. 連絡事項等

閉会

視察

 恵解山古墳公園

開会

委員長あいさつ

  • 委員への謝辞 
  • 今年の夏も大雨による災害が多い。広島の山崩れや、福知山の昨年に続く大雨による浸水があり、去年よりひどいと言う話を聞いた。
  • 最近の自然災害は、我々の想定をはるかに超えるので防災対策が大変。
  • 8月2日(78名)・9日(約50名)の2回にわたり「長岡京市次期総合計画」策定の為に市民のワークショップが開催された。私もこのまちが今後どうなっていくのかと関心があるので参加した。「ワールドカフェ」という形式で、4人ぐらいが、1グループになり丸テーブルで「まちの住み心地」について自由に話しあう。「住み心地とはなんだろう?」等、他4つほどの質問がありその質問に対して各グループで話し合い発表する。より良い「まち」にしていきたいという強い気持ちを聞くことができ、「まち」の理想像を語る取組として大変よかった。このような市民の意見をとりいれた「まちづくり」をしていけば、私たちも「住み続けたいまち」になっていくのではないかと多いに期待している。
  • 11月7日に開催された乙訓社会教育委員会議の役員会で、役員からも全国大会の協賛金を集めるときに「社会教育委員」とは一体何をやっているのかという質問を受けた。社会教育委員の認知度は低く、私達社会教育委員自身も完全に理解していない場合もある。その事を再認識し、新たな意識を高めてもらいたい。

教育長あいさつ

  • 委員への謝辞
  • 今年は大雨による災害が多く、御嶽山の噴火により長岡中学校の先生をはじめ、各地で犠牲になられた皆様へのご冥福並びに被害地の一刻も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
  • 歴史や過去の出来事を振り返りながらも、常に前へ、明日に向かって一歩ずつ前に進めることが大事であると思う。
  • 本日の協議事項でもある「住みつづけたい歴史のまちづくり」は地域の歴史であったり、文化の次世代への継承が大事なテーマとなっている。学校現場でも継続・継承が大事なテーマである。
  • 社会教育委員の皆様には日頃の各地域での団体活動、地域コミュ二ティの醸成や生涯学習社会の実現という大きなテーマに向かってご尽力いただいているが、やはり大事なことは「継承」である。
  • 常に文化・歴史は連綿と流れている。その大きな流れの中で、私達は小さな点をしめている。この点を大きく輝かせることで連続した形になって全体が光ってくると考える。 このような視点でこの社会で生きる人達が日頃の活動をすることが自分自身の有意義な人生を送る、これこそがまさに生涯学習社会ではないかと思う。
  • 本年度本市は、長岡京に都があった西暦784年から1230年の記念する年であり、いくつかの記念行事も実施した。
  • 本市の歴史の中に生きる市民の方が明日の社会を切り拓いていくために、委員の皆様のご意見を参考に、次年度の社会教育の重点作成や次期総合計画へ繋げていきたい。

    協議案件1

    平成27年度社会教育関係団体の補助金について

    生涯学習課長より説明
    質疑応答は無し

    協議案件2

    ~住みつづけたい歴史のまちづくり~「地域の歴史・文化の次世代への継承」

    社会教育指導員より文化財の現状について説明し、歴史・文化散策コースを提案

    以下、協議の概要

    • 委員:史跡や建物の管理は全て市がしているのか。
    • 生涯学習課長:看板設置等については市の各担当課が管理している。
    • 委員:コースを回る時の道路の安全性は?
    • 生涯学習課長:散策については、各団体で自主的に行っていただく。車の交通量も多く、現在ある歩道等をどのように利用していくか、道の色を変える等の工夫が必要であると思われる。

    報告事項1

    平成26年度社会教育関係団体の活動状況について

    社会教育関係団体代表者・関係各課長より説明

    質疑応答なし

    報告事項2

    平成25年度社会教育関係各課の事業報告について

    紙上報告

    質疑応答なし

    報告事項3

    平成26年度近畿地区社会教育研究大会について

    加藤副委員長より報告

    その他

    社会教育指導員より

    • 平成27年度社会教育の重点にかかる意見聴取について

     

    事務局より

    • 乙訓社会教育委員等連絡協議会第2回役員会について
    • 平成27・28年度の社会教育委員公募について

    閉会

    視察の様子

    恵解山古墳公園

    恵解山古墳公園の視察

    恵解山古墳公園の視察

    恵解山古墳公園の視察

    恵解山古墳公園の視察

    その他