ページの先頭です

平成27年3月21日乙訓歴史探訪クイズラリー

[2015年6月11日]

ID:4742

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ガラシャと記念撮影する親子

乙訓二市一町の6つのチェックポイントを、クイズに答えて巡る「乙訓歴史探訪クイズラリー」が開かれ、阪急沿線の神戸や西宮などから多くの人が訪れました。
この催しは、乙訓地域の魅力を広く知ってもらおうと、府や二市一町、バス会社などでつくる「京都・西の観光推進協議会」が企画しました。

菅原道真を不思議そうに見つめる子どもとお母さん

各ポイントにいるガラシャや菅原道真などの歴史上の人物から、次の目的地が記されたシールを受け取ります。
ポイントは6カ所。向日市の朝堂院公園をスタートし、中小路家住宅、長岡京市の長岡天満宮、勝竜寺城公園、大山崎町の宝積寺、ゴールの離宮八幡宮までの約10キロを順に巡りました。

観光ガイドから話しを聞く参加者

各ポイントで、ご当地クイズが出題され、観光ガイドの話を聞いて答えていきます。「長岡京を築いた人は?」「勝龍寺城で新婚時代を過ごした明智光秀の娘は?」など、ポイントにゆかりのあるクイズに、参加者は「ガラシャさんは明智光秀の娘だったんですね!」など、知識を深めていました。

ガラポンをする参加者

ゴールの離宮八幡宮では、地元の老舗料亭の食事券やタケノコご飯セットなど豪華賞品が当たるくじ引きもありました。
京都市内から訪れた参加者は「西国街道を歩いて町家をのぞいてみたかった」、「街並みを楽しみながらゆっくり歩けるイベントで楽しかった」と感想を話してくれました。

(3月21日、乙訓二市一町で)