ページの先頭です

平成27年6月3日 西乙訓高校でデートDV防止の啓発授業を初めて実施

[2016年12月26日]

ID:4950

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

授業の様子

6月3日、京都府立西乙訓高校で2年生200人を対象に、デートDV(交際中のカップルの間で起こる暴力)を未然に防止するための啓発授業が行われました。
市の女性交流支援センターの職員が、初めて出前授業として実施したもので、デートDVのしくみや、それを防ぐためのコミュニケーションについて、生徒たちがわかりやすいよう身近な事例を交えながら優しく語りかけました。

生徒による寸劇の写真

授業のはじめには、放課後に別の友達との約束を入れた交際相手を怒るシーンや、交際相手のスマホを取り上げて連絡先を削除しようとするシーンなどが、生徒による寸劇で実演されました。
授業のしめくくりにも、授業の内容を踏まえた、同じシチュエーションの寸劇が披露され、授業を聞く前と聞いた後で、2人の会話がどのように変わったのか、わかりやすく伝えられました。
友達の熱演に生徒たちからは大きな拍手が。

熱心に聞く生徒達のようす

相手を責める言葉(YOUメッセージ)ではなく、自分の気持ちを伝える言葉(Iメッセージ)を発することで、2人の関係性はより良くなります。
デート中にスマホに電話がかかってきて、長電話をしてしまった交際相手に対して「一緒にいるときにどうして他の人と長い時間話すの!!(YOUメッセージ)」と言うのと、「せっかく一緒にいるのに長い時間電話してたから寂しかったよ」と言うのでは、お互いに感じ方が全然違いますよね。
講師の話を熱心に聞き、意見を交わす生徒たち。身近なシチュエーションの事例に、自分の経験を重ねているのでしょうか。

インタビューに答える生徒

YOUメッセージとIメッセージの違いを考え、自分で考えたセリフをワークシートに書き込む時間も。生徒たちは少し恥ずかしがりながらも自分の考えを述べていました。
授業の後は全員にアンケートが実施されました。授業を聞いた生徒たちの生の声は、今後の啓発活動などに活かされる予定です。

(6月3日 西乙訓高等学校で)

組織内ジャンル

対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


平成27年6月3日 西乙訓高校でデートDV防止の啓発授業を初めて実施への別ルート