ページの先頭です
メニューの終端です。

マイナンバー制度について

[2015年12月24日]

【注意】マイナンバーに便乗した不正な勧誘および個人情報の取得にご注意ください

マイナンバーの通知や利用、個人番号カードの交付などの手続きで、市役所が口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成や年金・保険の情報などを聞いたり、お金を要求することはありません。

マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等による不正な勧誘、個人情報の取得には十分注意してください。

マイナンバーって何?

マイナンバーとは、国民一人ひとりに割りふられる12ケタの番号のことです。マイナンバーは、漏えいにより不正に使われるおそれがある場合を除いて、一生変更されません。マイナンバー制度が始まることで、行政手続きが簡単になり、手続きの際の添付書類が減るなどの良いことがあります。

 

マイナンバー制度が始まるとどうなるの?

さまざまな効果が期待されていますが、そのうち代表的なものをご紹介します。

1 役所への提出書類が減ります

市民のみなさんが、社会保障・税・災害に関する手続をするときに、役所の窓口へ提出する書類がこれまでに比べて少なくなります。

2 きめ細やかな行政サービスと不正受給の防止

国の行政機関や都道府県・市町村などが、所得や行政サービスの受給状況を正確に確認しやすくなるため、本当に行政サービスを必要としている方をきめ細かく支援できるようになります。また、サービスの不正受給や不当に負担を免れることを防止します。

3 行政の無駄の削減

国の行政機関や都道府県・市町村などの間の情報のやり取りがスムーズになるため、それぞれの行政機関などで行っている作業の重複などが減り、行政の無駄が削減されます。

マイナンバー制度は、いつからはじまるの?

  1. 平成27年11月中旬から、住所地へマイナンバーの通知カードが配布されます。詳しくは下記のページをご覧ください。
    マイナンバー(個人番号)「通知カード」が送付について
  2. 平成28年1月から、申請した人へのマイナンバーカード(個人番号カード)の交付がはじまります。
    マイナンバーカード(個人番号カード)の交付について
  3. 以降、都道府県や市町村でのマイナンバーの利用が始まり、順次、各種手続きなどの際に提出する書類などが少なくなっていきます。

その他詳細は国のホームページで紹介しています

わかりやすく動画で解説しています

問い合わせ

  • マイナンバー制度の問い合わせは
    電話番号:0570-20-0178
    フリーダイヤル:0120-95-0178

 

  • 通知カード・個人番号カードについては
    電話番号:0570-783-578
    フリーダイヤル:0120-95-0178

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。