ページの先頭です
メニューの終端です。

西代里山公園の整備状況

[2016年3月3日]

西代里山公園は平成26年度と平成27年度の2カ年で整備を行っており、5月下旬に開園する予定です。

平成27年度整備状況

平成27年度は、土木工事で広場などを整備し、建築工事で管理棟を整備していきます。

平成28年2月

西代里山公園の開園が5月下旬に決定しました。開園に際してセレモニーを予定していますが、詳細が決まり次第ホームページでもお知らせいたしますのでお楽しみに!

それでは2月の整備状況をお伝えします!

広場

2月に入り、主に植栽等の工事を進めています。
左の遊具の手前に見える大きな木がケヤキです。日本では古くから家具や建築用材として多用されていたり、街路樹のケヤキ並木が憩いの場となっていたり、樹齢1000年を超えるとされる巨木などは天然記念物に指定されているものもある、非常に馴染みのある落葉樹です。
「えっ?あの竹ボウキみたいな木?あれ枯れてるんじゃない?
Σ(|||▽||| ) 」ってみんな言うじゃない?
「残念!!だって、落葉樹ですからあぁぁぁ!!!(#゜Д゜)」
落葉樹は非常にミスボラシイ状態で納入されるのですが、ちゃんと生きていますよ!春に芽吹く力を蓄えているのです!(≧▽≦)

クスノキ

こちらは「公園のヘソ」に植わるクスノキです!
クスノキも日本では多用されており、街路樹でもお馴染みですし、虫害や腐敗に強いという特性から船の材料として重宝されていたそうです。こちらは常緑ですが、まだ発展途上で葉が少ないのでややミスボラシイですね(^_^;
エノキとクスノキが西代里山公園のシンボルツリーとして公園とともに成長していってくれることを願っています。

ちなみに、上の写真では芝生を張っている状況も見えますが、芝生も茶色くてミスボラシイですね(; ̄ェ ̄)
春よ来い!!!

サイン

植栽の他、サイン関係も設置しています。
「サインくださーい(っ^_^)っ-」のサインでもなければ、ヘルメットを5回ぶつけたりブレーキランプ5回点滅して合図を送るサインでもありません。英単語「sign」には標識や看板の意味もあり、業界(公園業界?土木業界?)ではカッコをつけて「サイン」と言うことが多いのです。
ちなみに、名詞の「sign」には書類の署名や著名人のサイン等の意味は無く、署名は「signature」、サインは「autograph」と言うそうですが…
ペン出して身振り手振りでも通じるはず!!!(#゜Д゜)っ-ギブミイィィィ

屋根

管理棟については倉庫棟やトイレ棟については先行して工事をしており、1月の整備状況でもお伝えしましたが棟上げが終わっています。
これからはメインの学習室などがある棟の工事にかかっていくのですが、その高さは9m越級で屋根の勾配もキツイし非常に大きく、かなりの迫力があるのです。

管理棟全景

ということで、建方の方法ですが、まず地上で骨組みをしたうえで、クレーンで釣り、上で固定をする、という手順で施工を行っていました。これは大変そうだ…( ̄~ ̄;)

で、メインの方の棟上げが終わった状態がこちら!!

ばば~ん、と全景が見えてきました!!
か、かっこいい!!!(*゜ー゜) ワクワクしてきました!!


農小屋1

あと、農業体験農園の側の農小屋の工事も始まりました!

農小屋2

…、と思ったらできていました! ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

実質は1月には着工していましたし、実際はまだ完成ではないんですけど、あんまり早いのでビックリしました。

実は農小屋が早いというよりは実は管理棟に時間がかかっているんですね。
今まで紹介してきたように管理棟の工事では基礎の打設や建方に特大のクレーンが度々来たり、熟練の大工さんが大勢で必死に木材を加工したり、と非常に手間がかかるので時間がかかってしまう、ということが現場で見ていてよくわかりました(゜◇゜*)

平成28年1月

新年に入り少しずつ日が長くなってきました。暖冬と思っていたのに爆弾低気圧で大寒波到来、と天気に振り回されている感があります。皆さま体調管理にはお気を付け下さい。

今月は管理棟の進捗をメインに整備状況をお伝えします。

外観

倉庫棟(左)とトイレ棟(右)の棟上げが終わりました。屋根部分に見えている緑色のシートは防水のシートです。屋根は最終的にガルバリウム鋼板というやたらとカッコいい名前の板を載せていきます。
耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性、防食性に優れている鋼板のようで、建築物では広く使われています。
「ガルバリウム」って語呂が良くて言いたくなりません?
ガルバリウム(゜∀三゜三∀゜)ガルバリウム♪

トイレ棟

トイレ棟の中に潜入してみました。女子トイレは何となく入りにくかったので、男子トイレの写真です(; ̄ェ ̄)
(左)黒く細い上水管と灰色で太い下水管が床から飛び出ています。
(右)電気ケーブル用の管をあらかじめ敷設しています。
建築物には色々な管が隠れているんですね!((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

管理棟模型

管理棟の模型です。平成27年10月に開催された環境フェアにてこの模型を展示ブースに飾っていただいた後、製作者である「工房がる」さんから譲っていただきました。ありがとうございます!
建築の設計図面を元に作っていただいたため外観が非常にわかりやすく、さらにディテールまで作り込まれている大作です!ヾ(゜Д゜)ノ
せっかくなので管理棟完成の折には、管理棟内で展示したいなぁと考えていますので、ぜひお楽しみに!

内装材の選択

整備状況ではないのですが、内装を決定している時の写真です。
タイルや木材の仕上がりには非常に多くの種類があり、これらをひとつひとつ選択していかなければなりません。
担当者のセンスが問われるところです(。-`ω´-)ンー
サンプルを組み合わせて想像力を働かせるのですが、実際にできてみると思っていたのと違う、なんてことは割とよくあります。面積が大きくなると見え方が変わってしまうんです( ̄▽ ̄;)!!ガーン
皆で寄ってたかって決めたのですが、果たして出来映えはどうなることやら…σ(^_^;)

水車池

土木工事についても少しだけ。先月ご紹介しました水車ですが、樋も設置され、また、池部分についても玉石で化粧されています。
前の写真と見比べてみると、職人さんのセンスに感服せザルを得ないところです。


申年だけに( ̄ー+ ̄)ニヤリ

平成27年12月

ツツジ

工事現場でうららかな陽気に騙されたかわいそうなツツジを発見しました。
 ツツジ「お、春ですか…フワァァ(/ 0 ̄)~゜」
   私「いや、冬ですわ(^_^;」
 ツツジ「あ、冬でしたか( ̄□ ̄;)」
   私「春に待ってますよ(* ̄▽ ̄)ノ~~ 」

工事も中盤に差し掛かり、あれやこれやと色々なことをやっています。空撮も併せて12月の整備状況をお伝えします。

遊具

遊びの広場にカラフルな遊具がやってきました!複合遊具大小が2基(写真左が複合遊具小)、クライミング遊具(写真右)、そしてロッキング遊具2基(パンダ、ライオン)が全て出揃いました!乞うご期待!
 パンダ「早く元気な子ども達に乗ってほしいんですけど?ヾ(●ω●)ノ」
   私「はい、すみません、頑張りますm(_ _)m 」

ブロック

ブロックを敷き詰めています。
一般的な30センチメートル四方のブロックよりも小さな特殊なブロック(10センチメートル四方くらい)で施工することにより、円弧をきれいに表現することができます!
ただ、もちろん一般のブロックよりも手間がかかってしまいます…。

心なしか職人さんの表情が険しいような…(^▽^;)

自然色舗装

園路に自然色舗装を舗設(アスファルトを地面に敷くことを「ほせつ」といいいます。)しています。打設(だせつ)といい舗設といい「設」の頭に一字くっつける用語が多いですね。ちなみに、電線管や水道管など長距離に敷くようにして設置することを敷設(ふせつ)といいます。

ややこしい(;_;)

水車

農業体験農園の側に水車が設置されました!
この水車の一部には女性で構成された奉仕団体の「国際ソロプチミスト京都-西山」様から寄付をいただいています。ありがとうございます!
まだ木を加工したてホヤホヤなので美し過ぎますが、経年変化でいぶし銀な水車になっていって欲しいと思います!

建て方

管理棟の建て方(たてかた:柱、梁、棟木など主要な構造材を組み立てることをいいます)が始まりました。まるで手で掴むように器用に木材を吊り上げるクレーン運転手さんに舌を巻きました。
建築工事にはやたらと大きな機械が来るので、機械を見るたびにテンション上がってしまいます!
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

空撮1

多目的広場の空撮です。9月時点であった土の塊は河川工事に使用したため既に無くなりました!
また、奥には京都縦貫自動車道が見えており、左側が長岡京IC方面、右側が沓掛IC方面です。
広場の奥が「遊びの広場」、手前が「多目的広場」となりますが、併せて芝生を整備していきます。

空撮2

管理棟付近の空撮です。以前の写真よりも管理棟やスロープ、そして階段の位置関係がよくわかっていただけるんじゃないでしょうか?
また、右側に見える小川がホタルの育成環境である「せせらぎ」です。
そして、皆様お待ちかねの「公園のヘソ」の植栽帯が既に完成しています!

「へぇ、そう。(天の声)(°_°)」

平成27年11月

「晩秋」という言葉に多少の違和感を覚える日々が続いていますね。気象庁の季節予報によれば、11月21日からの1か月は「例年並みか例年よりも暖かい確率が80%」としており、やはり暖冬なのか、と思っています。

しかーし!!ここ西代は一味違います!!風が強い日には耳がちぎれるのではなかろうか、と思ってしまうくらい寒いのです。・゜・(ノД`)・゜・。

秋冬には防寒対策をしっかりして遊びに来てくださいね!

そんな(仮称)西代公園の11月の整備状況をお伝えします。

縁石

多目的広場の端に整備する園路のための縁石が並びました!縁石と側溝の間は幅2mの園路で自然色舗装という茶系の舗装になります。そして、園路から右側が多目的広場で、芝生になります。
また、写真左側の斜面には長岡第五小学校の子供達が植えてくれたヤマザクラが並んでいます。きれいな桜並木になってくれるよう祈っています!
育てー育てー(―人―)

大型遊具

いきなりメインディッシュが出てきた感じになりますが、大型遊具がどど~んと到着しました!!組み立てている途中なのでイメージがわかりにくいかもしれません。
ゴメンナサイ(^_^;
画面右側のおっちゃんと比較するとカレの大きさがよくわかります。
実は組立作業が終わった後はビニールシートで養生(ようじょう)してしまったので、完成形は私も見ていません。。
乞うご期待!!

ロッキング遊具

大型遊具と一緒にパンダとライオンが来てくれました。小さなお子さんが上に乗って前後に揺らすスイング遊具と呼ばれる遊具です。とても寒い現場ですが、私を含めおっちゃん達が彼らに癒されています!
パンダさんが好きです!でもライオンさんの方がもーっと好きです!!
(*´▽`*)

現場事務所

なんとっ!!早くも管理棟ができてしましました!!

ウソです。しょーもないウソでごめんなさい。
m(_ _)m
これは建築工事の受注者さんが設置された現場事務所です。中で図面を作成したり工事の計画を練ったりする作業場兼休憩室になっています。こんなに大きな現場事務所はなかなか見ないので、圧倒されました。三世帯でも住めるんじゃなかろうか…。
(; ̄ェ ̄)

管理棟基礎コンクリート

管理棟の基礎となるコンクリート打設(コンクリートを枠に流し込むことを「だせつ」といいます。単に「打つ」と言うことも多いです。)の準備で、コンクリートポンプ車が来ていました。
この後、コンクリートミキサー車が横づけされ、ビヨーンと伸びたアームを通じて打設していきます。
こちらもそらまあ派手にデカくて圧倒されました!
Σ(゜д゜;)

平成27年10月時点

工事着手から早くも1か月が経ちました。最近の工事状況をお知らせします。

広場拡幅

多目的広場の敷地を広げる工事をしています。
赤色の矢印分の幅を広げましたが、最大で約10m広がり、広々としたスペースを確保することができました。
ここは大型の複合遊具で遊んだり、四阿(あずまや)やベンチ等でくつろげる「遊びの広場」になります。子どもたちがはしゃいでいるのを早く見たいっ!!

転落防止柵設置

管理棟付近の斜面に、安全のため転落防止柵を設置しています。
景観に配慮しプラ擬木の柵を選びました。景観のみであれば自然木のほうが美しいのですが、一般的に自然木のほうが痛みやすいとされおり、安全面ではプラ擬木が優れているようです。
ナヤマシイ…。(ノд`)
ということで、斜面横の柵は、できるだけ長期にわたって安全を確保してくれるよう、プラ擬木を選んだのです!ちなみに、ホタル池周辺は自然木の柵を設置しているので、開園後に比べてみて下さい。

照明設置の下準備

階段の奥には黒いツノ(?)が地面から飛び出しているのが見えています。これは、照明の柱を建てるための準備をしているところです。
高さ5m程度の照明を整備するのですが、地面の下には底面が50cm四方で高さが1.1mものコンクリートの基礎が隠れています。また、黒いツノは電線を入れるための管で、照明を整備する際には必ずこのような下準備をしなければなりません。
土木工事や建築工事では「見えない部分が非常に大事」なんですね!(∈^▽゜)イヒッ☆

植栽帯整備

管理棟の側の階段を降りてすぐの箇所で、ホタル池、イベント広場、農業体験農園、多目的広場全てにつながっている言わば「公園のヘソ」の部分です。シンボルツリーとして大きめのクスノキを植える予定ですが、そのための植栽帯を整備しています。

それはそうと、「公園のヘソ」という表現を気に入ってしまったので、定着させていこうと思っています!!

「へぇ、そう。(天の声)(°_°)」

複合遊具設置箇所

「遊びの広場」を上から見ると遊具設置箇所の準備が始まっていました。角材(木)で囲っている箇所がそれぞれ遊具が設置される箇所です。

こ、これは、とてつもなくでかい遊具なのではないかしら!?
ワクワク!!(≧▽≦)

平成27年9月時点

土木工事は施工業者さんが決まり、9月下旬から工事を始めていきます。工事完了までの間、今しばらくご不便をおかけしますが、引き続きご理解、ご協力お願いします。

さて、まだ工事は始まっていませんが、公園予定地内を空撮してみました。

管理棟位置

上に見える砂利を敷いている三角形のスペースが管理棟建設予定地です。ここから下へ続くスロープがあり、スロープの右にホタルの生育環境を整備しているせせらぎ広場が映っています。下にはホタル広場の池が見えています。

西山トンネル

右には管理棟建設予定地が、左には展望広場とカブトムシの森が映っています。木がまだ育ってませんが、開園後も皆さんで「森」の成長を見守ってください!
そして左奥には京都縦貫自動車道の西山トンネルが見えています。このトンネルを掘ったときに出た大量の土をこの公園予定地に造成した経緯があります。なんとその土の量はお風呂50万杯分!!ヾ(゜Д゜)ノ

ほたる広場

左側に管理棟建設予定地があります。右側はひょうたん型の池のあるホタル広場、そしてブロックを敷いているイベント広場、その手前には農業体験農園があります。管理棟から下へは少しおしゃれ(?)なタイルを張った大きな階段で行くことができます。

多目的広場

手前からイベント広場、農業体験農園、そして多目的広場が見えています。多目的広場の古墳のように見える三角形の土の塊ですが、左に見える小泉川の工事に使う土を仮置きしたものです。開園時にはすっかり無くなって芝生広場になっていますのでご安心ください。
「安心してください、無くなりますよ!」

平成26年度整備状況

左:せせらぎ広場
右:展望広場
せせらぎ広場はホタルの育成環境を整える目的で整備しています。水路幅の広い部分と狭い部分を交互に作り、できるだけ自然の水の流れに近い環境をつくっています。

左:ホタル広場
右:イベント広場
ホタル広場の真ん中には修景としての池があります。
イベント広場はブロックで舗装をしています。

左:管理棟予定地
右:マンホールトイレ組立状況
管理棟は平成27年度に整備しますが、先だってマンホールトイレ5基の整備を行いました。

左:農業体験農園予定地
右:多目的広場、遊びの広場予定地
農業体験農園、多目的広場等については平成27年度に整備予定です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市建設交通部公園緑地課公園整備係

電話: 075-955-3146 ファクス: 075-951-5410

お問い合せフォーム


西代里山公園の整備状況への別ルート