ページの先頭です

平成27年度第1回長岡京市営浴場運営委員会会議録

[2015年8月13日]

ID:5103

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

平成27年7月2日(木曜日)午後7時~8時

場所

北開田会館1階大会議室

出席者

奥本会長、桝田委員、中川菊枝委員、吉岡委員、今西委員、中川久美子委員、菱田委員、岡本委員、長谷川委員、渡辺委員

欠席者

なし

担当者

井上社会福祉課長、北開田会館 西村地域相談員、社会福祉課 宮本

配布資料

  • 平成26年度市営浴場利用者集計表
  • 平成26年度市営浴場決算
  • 平成27年度市営浴場予算

会議内容

1.役員の改選について

・要綱に基づき、運営委員の互選により、奥本委員が会長に選出された。
・また、要綱に基づき、会長の指名により、会長に事故あるとき又は不在の時の職務代理者として桝田委員が選出された。

2.平成26年度決算について

【事務局の説明】

・26年度利用者数は25年度に比べ増えているが、1日平均の利用者数は微減状態である

・電気料金値上げにより光熱水費が25年度に比べ支出が増えた

・26年度は小修繕が多く、修繕費がかさんだ

 

(委員)11月は大きく増えているように見えるが、昨年度は11月に営業できない日が多かったためそう見えるのか。 

(事務局)平成25年度は11月に修繕を実施したため、19日間の営業であった。そのため、資料上は増えているように見えるが、全体としては微減であり、1日あたりの平均人数はここ数年減っている状態にある。

3.平成27年度予算について

【事務局の説明】

・25年度より実施している、「多世代ふれあいの湯ウィーク」を今年度においても実施す

 る。チラシを長岡第六小学校及び近隣の長岡第七小学校配布予定。

・平成26年度の支出状況をみて、光熱水費を前年よりも増額で予算計上している。

(委員)チラシについては保育所に配布してもよいのではないか。

(委員)周辺の自治会にもチラシを配ってはどうか。

 

4.今後の浴場のあり方について

【意見交換内容(主なもの)】

(委員)体を洗うところの溝の上の鉄板がよく浮いているので危ない。

(事務局)確認します。

(委員)手すりのついている洗い場を増やしてほしい。

(事務局)予算との兼ね合いもあるので検討します。

(委員)女性側の体重計が故障している

(事務局)同じものは無理かもしれないが、対応します。

(委員)長岡には公衆浴場がなくなり、公共のお風呂はここだけとなった。今後はどうしていくつもりか、ビジョンがあれば教えてほしい。

(事務局)平成23年に公衆浴場が廃業され、市内の浴場は、このふれあいの湯のみになったが、廃業後に利用者が伸びていない。風呂の普及が進んだことにより、家庭で済ませる人が多くなったのだろう。しかし、現利用者は顔なじみの人がいるから行くといった習慣が身についてふれあいを持てる場所として利用されているのかと思う。

(委員)周辺地域に住んでいる人の利用も減っているように思う。利用促進にはまず知ってもらうことが大切であると思う。先ほど話にでた、周辺の自治会にチラシを配るなど知ってもらう努力をしていってはどうか。

(事務局)現在、番台従事者を2名で回しているが、どちらかに不都合があった場合にもう一人に負担がかかってしまう。もう一人従事してくれる人がいればと思い募集をしているが、なかなかなり手がない状態である。委員の周辺に従事してくれそうな人がいればお声かけいただきたい。

関連する情報

お問い合せ

長岡京市健康福祉部社会福祉課地域福祉・労政係(分庁舎3)

電話: 075-955-9516

ファクス: 075-951-7739

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム