ページの先頭です

平成27年10月21~23日 姉妹都市伊豆の国市との人事交流研修が行われました

[2015年10月23日]

ID:5288

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

あいさつをする中小路市長

10月21日、本市の姉妹都市である静岡県伊豆の国市(旧伊豆長岡町)から、人事交流研修の一環として職員2人が本市を訪れ、中小路市長に挨拶をしました。

市民課での様子

この研修は2泊3日の日程で行われ、「災害時の相互支援を踏まえ互いに顔の見える関係を築く」ことを目的に行われています。平成23年度から始まったこの取り組みは今年度で5回目となり、同じ日程で、本市からも2人の職員が伊豆の国市で研修を受けています。

熱心に聞く伊豆の国の職員

2人は、派遣先となる市民課と障がい福祉課で、窓口業務の視察や互いの市の制度について情報を共有したり、意見交換などを行ったりしました。研修を終え「とてもプラスになった3日間だった。学ぶべきところがたくさんあった。職場に持ち帰って、研修に参加していない職員とも学んだことを共有したいと思う。」と話していました。

(10月21~23日、 市役所で)