ページの先頭です

長岡京ガラシャ祭2015-勝竜寺城公園周辺

[2016年1月25日]

ID:5465

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

楽市楽座

朝市

行列巡行は雨で中止になりましたが、勝竜寺城公園会場では楽市楽座が開かれ、市内外から多くの飲食ブースが出店し、来場者でにぎわいました。とれたての近郊野菜を販売する朝市コーナーには、長蛇の列が。旬のミカンやダイコンが特に人気を集め、多くの人が買い求めていました。

サバ寿司

細川ガラシャと関係の深い、京都府北中部の市町村からも多くの出店が。こちらは、舞鶴産のサバ寿司販売コーナー。脂がのっていてとてもおいしそうです。

ばら寿司

こちらは京丹後市から出店の、バラ寿司のお店。バラ寿司とは、サバのそぼろやタケノコ、シイタケなどの具材で作るちらし寿司のことです。

くまもと県人会

熊本(肥後)細川家のつながりで、京都府熊本県人会による熊本の特産品販売コーナーも設けられていました。辛子高菜や豚汁・焼酎などが並び、会場に彩りを添えていました。

おいしいね!

小さい子どもから大人まで、思い思いのグルメを買い求め、テントの下で舌鼓を打っていました。

長岡京なるこ踊り

大学生の踊り

楽市楽座会場中央にある広場では、市民団体による「えーとこな!長岡京なるこ踊り」が披露されました。京都市内の大学生らが、華やかな衣装を身にまとい、元気いっぱいに踊って開幕を告げます。

福祉施設の踊り

市内福祉施設のユニットも参加し、元気に太鼓や鐘を打ち鳴らして、祭の雰囲気を盛り上げます。

チームガラシャ

続いて踊りを披露するのは、市商工会青年部のメンバーらが中心となって作るダンスユニット「チームガラシャ」です。真っ赤な法被を優雅にひるがえし、息の合ったパフォーマンスを見せてくれました。ちびっ子ダンサーも元気いっぱいです。

総踊り

最後には、出演する全ての団体が一緒になって踊る「総踊り」が披露されました。知らない人同士でもすぐに打ち解け、ひとときの共演を楽しみます。心配されていた雨模様も、なるこ踊りの間は不思議と回復し、観衆の声援も大いに盛り上がり、お祭りの日らしい熱気あふれる様相を見せていました。

ステージイベント

ゆるキャラ大集合

きよぴー

勝竜寺城公園会場に設けられた特設ステージでは、ゆるキャラの紹介イベントが行われ、盛り上がりました。司会進行は、FM京都αステーションを中心に活躍しているラジオパーソナリティーの谷口キヨコさんが務めました。

みつひろくんと秀子さん

京都府内各地のご当地キャラクターが大集合!こちらは福知山市のキャラクターで「みつひで君」と「ひろこさん」。明智光秀とその妻の煕子(ひろこ)がモデルになっています。

ひごまる

熊本県からは、熊本城をモデルにしたキャラクターの「ひごまる」が来てくれました。大きな体を元気いっぱいに揺らしてアピール!

お玉ちゃんとまゆまろ

京都府のキャラクター「まゆまろ」も登場。そしてこの祭りの主役である「お玉ちゃん」もステージに上がりました。お祭りの日にふさわしいきらびやかな婚礼衣装を身にまとい、声援を集めていました。キャラクターそれぞれのPRタイムが終了すると、最後に記念写真コーナーが設けられ、子供たちはわれ先にとステージに上がり、ご当地キャラクターたちと記念写真を撮って楽しみました。

市民ステージ

EMUBEEとDJ.ARKKI

市民ステージでは、長岡京市出身のラッパーEMUBEE(エムビー)さん&DJ arkki(アッキー)さんによるラップパフォーマンスが披露されました。長岡京音頭をヒップホップ調に編曲した新曲の披露なども行われ、会場は大いに盛り上がっていました。

(11月8日、勝竜寺城公園周辺で)