ページの先頭です

平成28年1月11日 成人式&手作りの成人を祝う会

[2016年1月12日]

ID:5498

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

成人式

成人式会場の看板と記念撮影している写真

1月11日、長岡京記念文化会館で成人式が行われ、今年度長岡京市で新成人となった741人のうち、571人(男295人、女276人)が参加しました。

式典

ウィンドオーケストラの写真

式典ではオープニングセレモニーとして、国民文化祭のために結成された「長岡京ウインドオーケストラ“キズナ”」が長岡京マーチや嵐メドレーなどを演奏。

市長あいさつの写真

市長は「これから新たな社会を構築する世代。チャレンジ精神で、社会を、世界を作り上げてほしい」とメッセージを送りました。

新成人代表の2人の写真

新成人代表として、立石涼帆さんと中田直志さんがあいさつをしました。
それぞれ、「成人としての喜びをかみしめながら、感謝と思いやりをもった成人になりたい」「テニスをとったら自分には何も残らないと思っていた。でも、テニスを通じて支えてくれた家族や顧問、友人たちからもらったものが残っていると気がついた。これから、そういった人へ何を返せるか、将来の世代に何ができるか考えたい」と決意を述べました。

サプライズゲストの海堀選手の写真

ここで閉式…のはずが、サプライズゲストとして市出身のプロサッカー選手 なでしこジャパンゴールキーパーの海堀あゆみさんが登場!
名前が呼ばれ海堀選手が登場すると、大きな拍手が起こります。

昨年秋に受賞した市スポーツ賞スポーツ特別顕彰の表彰式を執り行い、記念品と花束を贈呈しました。

あいさつをする海堀選手の写真

海堀選手は「たくさんの人々に出会って、一つ一つを大切にして、目標に向かって進んでください」と新成人にエールを送りました。

プレゼントボールの写真

ここでサプライズプレゼントです。
海堀選手のサインボールを5人の新成人にプレゼント!

くじをひく海堀選手の写真

くじをひき、当たった座席番号を発表すると、会場からは喜びの声や残念がる声があがります。

当選した新成人の写真

当たった新成人たちはみな、大喜び。

サインする海堀選手の写真

式典が始まるまえに、楽屋裏で、ボールにサインをしてくださっていました。

新成人のみなさん

華やかな振り袖姿の中学校同級生組の写真
振り袖姿の写真
スーツ姿の男性陣の写真
振り袖姿の4人組の写真
再会のシーンの写真
集合写真
自撮りをする女性陣の写真
振り袖姿の女性たちの写真

新成人のみなさん、おめでとうございます!

(平成28年1月11日、長岡京文化会館で)

手作りの成人を祝う会

手作りの成人を祝う会の写真

午後からは、中央公民館で「手作りの成人を祝う会」が行われました。乙訓地域のハンディキャップのある新成人18人が、大勢の参列者に見守られながら成人を迎えました。
全員が壇上で紹介されると、家族らが大きくなった子どもたちの姿をカメラにおさめました。

太鼓の写真

式のはじめは、太鼓サークル「でんでん」による太鼓演奏からはじまります。

新成人代表の写真

新成人代表は中川尚史さんと髙安優希さん。それぞれ「病気を患っていたが、ここまで大きくなることができました。病気と闘いながら、仕事などがんばりたい」「毎日笑いながら、仕事しています。これからもがんばっていきたいです」と新成人になった決意を話してくれました。

保護者代表の写真

最後に保護者代表として上野さんが壇上にあがり、「生まれてすぐ大きな手術をした娘。乗り越えて20歳になりました。高校生のとき再手術が決まり、うろたえた私に比べ、娘の方がしっかりしていた。たくましさに驚いた。社会に出てこれからたくさん経験して、厳しいこともあるかもしれないが、がんばってほしい」とあいさつしました。
それぞれの20年間を思い返す式となりました。

(平成28年1月11日、中央公民館で)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。