ページの先頭です

男女共同参画計画第6次計画(素案)に対する意見公募結果

[2019年7月1日]

ID:5720

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「長岡京市男女共同参画計画第6次計画(素案)」意見公募の結果

「長岡京市男女共同参画計画第6次計画(素案)」に対して市民の皆様からご意見を募集しましたところ、貴重なご意見をいただきありがとうございました。
お寄せいただいたご意見、これに対する市の考え方及び修正について公表いたします。

意見募集期間

平成27年12月1日(火曜日)から平成27年12月28日(月曜日)まで

意見提出数

14名(113件)

*字句等の簡易な修正についての意見は、件数に含んでいません

結果公表日

平成28年3月30日(水曜日)

意見の内容(概要)とそれに対する市の考え方

113件の意見を目次ごとに分類しました
該当箇所及び意見件数
該当箇所件数
計画全般について2
第1章 計画策定の必要性について0
1.男女共同参画社会とは0
2.長岡京市男女共同参画推進条例がめざすこと0
3.長岡京市の状況5
4.長岡京市男女共同参画計画 第5次計画のまとめ2
第2章 計画の概要0
1.計画策定の目的2
2.計画の特徴8
3.計画の期間0
4.計画の位置づけ0
5.計画の施策体系0
第3章 計画の内容2
計画の体系0
基本目標Ⅰ 男女平等・男女共同参画の意識づくり5
主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透8
主要課題2 情報化社会における人権尊重・男女平等の推進1
基本目標Ⅱ 男女平等・男女共同参画の視点に立った教育・学習の推進2
主要課題3 子どもにとっての男女共同参画17
主要課題4 多様な選択を可能にする教育・学習の充実5
基本目標Ⅲ 政策・方針決定過程への女性の参画拡大2
主要課題5 積極的格差是正措置(ポジティブ・アクション)の強化0
主要課題6 女性リーダーの育成0
基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画11
主要課題7 働く場における男女平等の推進4
主要課題8 地域における男女共同参画の推進5
主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備18
基本目標Ⅴ 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現0
主要課題10 男女が共同で行う子育て・介護などの促進0
主要課題11 事業所におけるワーク・ライフ・バランスの取り組みの促進0
主要課題12 男性にとってのワーク・ライフ・バランスの推進0
基本目標Ⅵ あらゆる暴力の根絶3
主要課題13 女性に対する暴力を許さない社会づくりの意識啓発3
主要課題14 ドメスティック・バイオレンスに対する取り組み4
主要課題15 セクシュアルハラスメントなどの女性に対する暴力防止と被害者支援の強化0
主要課題16 女性に対する暴力に関する相談体制の充実0
基本目標Ⅶ リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に基づく健康支援2
主要課題17 リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に基づく女性の健康支援2
主要課題18 男女のライフステージに応じた健康づくりの支援0
主要課題19 健康をおびやかす問題についての対策の推進0
第4章 計画の推進0
1.推進体制の整備0
2.計画の進行管理0
合計113
個々の意見の概要及びそれに対する市の考え方をお示しします
113件の意見を内容ごとに70の項目に分類しました。同じ趣旨の意見は集約しています。
個々の意見に対する市の考え方
番号該当箇所意見の内容(抜粋)件数市の考え方
1計画全般について実際に行われる施策の内容が書かれていない。活動指標についても、市民の意見が反映できるように何を行うかを明記してほしい。2・施策の内容については、具体的施策ごとに主な事業内容として記載しております。また、活動指標については、基本目標ごとに男女共同参画の進捗状況がわかりやすくなるものを設定し、重点的に進めていく事業として、毎年度の成果を測り、フォローアップを行いますので、ご理解ください。
-第1章 計画策定の必要性について---
23 長岡京市の状況「本市の人口は」の前に「わが国は2007年(平成19年)に超高齢社会に突入していましたが、」を追記し「本市も人口は」と修正する。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
33 長岡京市の状況「超高齢」を削除し、「誰もが豊かな人生を享受できる社会の実現」に修正する。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
43 長岡京市の状況高齢化率の追記説明をする。国連は高齢化率7%を超えると「高齢化社会」 14%を超えると「高齢社会」 21%以上になると「超高齢社会」と定義している。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
53 長岡京市の状況長岡京市の状況をより理解するために、「少子高齢化の推移と将来推計(全国)」の最新データの図を追記する。1・ご提案として承りましたが、ご指摘の箇所は原案のとおりとさせていただきます。
63 長岡京市の状況長岡京市の市民意識をより理解し、第6次計画に反映するために、第5次計画の「男女の地位の平等感」のような図と「(3)依然として低い 男女の地位の平等感」のような文章を追記する。1・ご意見の趣旨は、「基本目標Ⅰ 男女平等・男女共同参画の意識づくり」で反映していると考えていますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
74 長岡京市男女共同参画計画 第5次計画のまとめ基本目標Ⅰ~Ⅶの内容を【成果】、【課題】として整理する。2・ご提案として承りましたが、ご指摘の箇所は原案のとおりとさせていただきます。
-第2章 計画の概要---
81 計画策定の目的「男女共同参画社会の形成の趣旨を踏まえた中で」を「男女共同参画社会の実現に向けて」に修正する。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
91 計画策定の目的「4.計画の位置づけ」に記載されているので、「1.計画策定の目的」の「この計画は・・・策定するものです。」を削除する。1・根拠を示すものが必要と考えますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
102 計画の特徴施策の内容がばく然としているので、「3.男性の男女共同参画への意識啓発」、「4.教育の場などでの子どもの男女共同参画推進」とする。1・大枠で施策を進めるという意味でとらえているため、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
112 計画の特徴重点施策に、「5.あらゆる暴力の根絶推進」、「6.性的少数者への理解と支援」を追加設定する。  (内訳:「あらゆる暴力…」のみ3名、「性的少数者への…」のみ1名、両方が3名 計7名)7・重点施策については、条例の基本理念に基づき策定された現行計画の基本目標や主要課題を引き継ぎつつ、「市民意識調査」結果や国の動向なども参考にし設定しています。「あらゆる暴力の根絶」については、基本目標Ⅵで掲げ、本計画を「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」第2 条の3第3 項に定める「市町村基本計画」として位置づけていることから、重点施策に追加します。.「性的少数者への理解と支援」については計画を実施していく中で推進を図ります。
12第3章 計画の内容各担当部署が具体的に「男女共同参画の視点で進める」内容が見えてこない。それぞれの担当部署が自分たちの施策を「男女共同参画の視点で」進めるための計画づくり、集団議論、PDCA確立を行うことを明記してほしい。1・第4章 計画の推進で記載しているように、庁内推進組織として男女共同参画推進本部を設置し、関係各課には男女共同参画推進本部幹事職員を配置し、計画を推進しています。また、計画の進行管理についても、本市の実情を踏まえた施策を立案し、その進捗状況を把握し、評価していくことを記載しております。ご意見を踏まえ、計画を実施していく中で取り組みたいと考えます。
13第3章 計画の内容市役所全体が男女共同参画を生き生きと進められるように、たとえば「男女共同参画マスター」認定など担当部署以外にも人材育成をすすめ、とりくむ主体を増やしていってはどうか。あるいは横断的に自主的な政策チームをつくるなども有効ではないか。人材育成の方針をどこかで具体化できないか。1・第4章 計画の推進で記載しているように、庁内推進組織として男女共同参画推進本部を設置し、関係各課には男女共同参画推進本部幹事職員を配置しています。また、計画策定時には部局横断的な政策研究会(ワーキンググループ)を設置し、実務的事項の調査・研究を行っています。ご意見を踏まえ、引き続き計画を実施していく中で、市の各分野が連携し、横断的に取り組みたいと考えます。
14基本目標Ⅰ 男女平等・男女共同参画の意識づくり「地域」における男女の平等感について、市民活動が活発なことによる影響かどうかの検証がない。2・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って該当箇所の記載を一部修正します。
15基本目標Ⅰ 男女平等・男女共同参画の意識づくり「こうした現状を踏まえ、市民一人ひとりが、長岡京市を真に男女共同参画社会の実現の意義を十分に理解し、自らのこととして取り組むことの意義を説く必要があります。」を「こうした現状を踏まえ、市民一人ひとりが男女共同参画社会の実現の意義を十分に理解し、自らのこととして取り組むことの大切さを理解する必要があります。」に修正する。3・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
16主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透「市民にとって男女平等や男女共同参画の必要性についての理解促進を図るため、広報・啓発活動は、男女共同参画社会の実現のための全ての取り組みの根幹をなす基盤的な施策です。」は重複するので削除し、「そして、職員全てが、男女平等・男女共同参画の視点を持って各施策に「さらに」取り組むことが重要です。」に修正する。1・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って該当箇所の記載を一部修正します。
17主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透具体的施策番号1について、地域における固定的性別役割分担意識の見直しという点について、地域活動や市民活動団体等にもアプローチしていくべきであり、『地域コミュニティ協議会、自治会長会、民生児童委員、総合型地域スポーツクラブ等』と『等』に含まれているとは思うが、サポセン等も積極的に記載するべきではないか。特に団体活動をなされている高齢者世代において、固定的性別役割分担意識が未だに強くあるという認識がある。1・ご意見の趣旨は、「基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画」で反映していると考えておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
18主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透具体的施策番号1の事業内容から 「男女共同参画フォーラムの開催」を削除し、具体的施策番号3として追加する。2・「具体的施策」の項目は、「施策の方向」で掲げた方向性を施策段階に落とし込んだもので「男女共同参画フォーラム」はその施策の一つの例ですので、具体的施策にするとレベルが合わなくなります。他の具体的施策についても同様の見直しを行っておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
19主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透具体的施策番号2について、「くらしの中の人権等を通じた意識啓発」を「くらしの中の人権問題等を男女共同参画の視点で見直して意識啓発」に修正する。1・ここでは広報長岡京に掲載している「くらしの中の人権」を指していますので、「くらしの中の人権」と記載し、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
20主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透具体的施策5「男女平等の視点に立った人権相談など様々な相談窓口の充実」について、「男女平等・男女共同参画の視点に立った…」とし、人権相談だけでなく、「心身障がい者/虐待にかんする相談・教育相談・福祉なんでも相談・家庭児童/子供SOSテレホン相談」を追加する。2・「男女平等の視点」には「男女共同参画の視点」も広くとらえるものと考えますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。また、この計画の目的や特徴等を踏まえ、「人権相談など、相談窓口全般」と一部修正します。
21主要課題1 男女平等・男女共同参画意識の浸透具体的施策番号7について、様々な男女共同参画施策を推進していくために、業務を遂行する職員について、「全ての職員」に変更する。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
22主要課題2 情報化社会における人権尊重・男女平等の推進具体的施策番号10について、メディアリテラシーについてはメディアリテラシーが低いとされる世代にも取り組まなければならないものであり、女性交流支援センターでの実施ではなく、市民協働・男女共同参画政策監等が実施主体となった方がよいのではないか。1・市民協働・男女共同参画政策監は政策部門として主に男女共同参画に係る施策の企画及び総合調整に関すること等を、女性交流支援センターは事業実施部門として男女共同参画の啓発事業に関すること等を所掌事務としていますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
23基本目標Ⅱ 男女平等・男女共同参画の視点に立った教育・学習の推進「近年、若年層の失業率と非正規雇用率の高さが問題になっています。」に、「ひとり親の貧困、それにかかわる負の連鎖が生じる状態」を追加する。2・ご意見の趣旨は、「基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画」で反映していると考えておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
24主要課題3 子どもにとっての男女共同参画「幼稚園・学校・保育所(園)で子どもたちが・・・携わる教職員や保育士が男女平等・男女共同参画に係る意義を正しく認識し、子供たちと接することが大切である。そして、子どもたちが性別にとらわれることなく、・・・職業観の育成を推進します。」に修正する。2・教職員や保育士の意識や姿勢の重要性を示すために具体的な記述がふさわしいと考えますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
25主要課題3 子どもにとっての男女共同参画施策の方向6について、中長期的に社会に男女平等意識を根付かせるには小さい頃からの教育が重要。子どもに、家庭内では夫婦は平等であり“暴力”は許されないこと、又、夫婦で家事、育児を分担すること、経済的に自立することを教えてもらいたい。4・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
26主要課題3 子どもにとっての男女共同参画具体的施策番号11の「教職員」を「教育関係者」に修正し、主な事業内容を全ての保育士への人権研修の実施、全ての教職員への人権研修の実施とする。3・ここでは男女共同参画推進条例の定義での教育関係者ではなく、直接学校教育に携わる者、保育所で保育に携わる者を指します。「教職員」「保育士」と表現を一部修正します。
27主要課題3 子どもにとっての男女共同参画具体的施策番号12の具体的施策の視点を「性別にとらわれず、自立に繋がる職業観を身に着け、自らの進路を主体的に切り拓く能力を育成します。」に修正する。1・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
28主要課題3 子どもにとっての男女共同参画具体的施策番号13を「男女平等・男女共同参画の視点をもった性に関する学習の実施」とし、に「性的少数者」等の現代の問題も取り入れて、「年齢に応じた性に関する学習を行います。」に修正する。「男女の置かれた社会的背景を配慮した指導」の意味がわからない。デートDV、ストーカー等を入れるべきである。性感染症と薬物依存とは別物であり、別に項目14を設けて「アルコール、たばこ、薬物などの依存症に関する適切な指導」とすべきある。4・ご指摘の箇所のLGBTについては「施策の方向20」で反映していると考えております。また、「男女の置かれた社会的背景を配慮した指導」についてはご意見を踏まえ、趣旨に沿って一部修正します。
29主要課題3 子どもにとっての男女共同参画施策の方向7を「家庭・地域における男女平等・男女共同参画の推進」に修正する。1・「子どものための男女共同参画の推進」を目的とした施策の方向を示していますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
30主要課題3 子どもにとっての男女共同参画具体的施策番号14について、子どもが自分を大切にする力を身につけてゆくことを支援するのは、女性交流支援センターというよりは、教育や保育、子育て支援にかかわるすべての機関がより直接的に意識的に行う必要があるのではないか。1・ここでは家庭や地域での支援の意味で挙げており、ご意見の趣旨は、計画内の他の箇所でも反映していますが、ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
31主要課題3 子どもにとっての男女共同参画具体的施策番号15の具体的施策を「男女平等・男女共同参画による地域や家庭での子どもの居場所づくり」に、具体的施策の視点を「地域や家庭で・・・男女共同参画意識を徹底します。」に修正する。1・ご意見の趣旨は、「施策の方向1 固定的な性別役割分担意識の解消」と「施策の方向4 男女平等・男女共同参画の意識の浸透」に含まれますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
32主要課題4 多様な選択を可能にする教育・学習の充実「学びたい人が、生涯を通して学べるように」を削除し、「男女平等・男女共同参画の視点で」を追加、「男性の男女共同参画への理解をうながすとともに」を「男性の男女共同参画を推進するとともに」に修正する。1・ここでは、生涯学習の機会の提供が必須であることを説明し、男性の男女共同参画についての理解をうながすことを強調しています。また、男性の男女共同参画の推進は他箇所で反映しているので、原案のとおりとします。
33主要課題4 多様な選択を可能にする教育・学習の充実具体的施策番号16について、具体的施策を「生涯学習に関する男女平等・男女共同参画情報の提供」に修正する。具体的施策の視点を「全ての市民が楽しく、いきいきと学び続けられるよう、生涯学習に関する男女平等・男女共同参画の学習機会を提供します。」に修正する。主な事業内容を「多様な教室・講座等での男女平等・男女共同参画情報の提供」に修正する。1・人生90年時代と言われる現在、何度でも学び直せる機会の提供は必須です。その視点に立って生涯学習を充実するというものであり、ご提案については、具体的施策番号17で反映していると考えます。
34主要課題4 多様な選択を可能にする教育・学習の充実具体的施策番号17について、「自己形成を支援する」という意味が不明である。「市民活動や自己形成を支援するため」を削除し、「男女共同参画に関する情報提供や」に修正する。2・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
35主要課題4 多様な選択を可能にする教育・学習の充実具体的施策番号17について、図書館の男女共同参画関連図書の利用促進には現在行われている関連図書展示に加えて、男女共同参画関連のお薦め本やよく借りられている本の紹介などを行ってほしい。1・現在も、男女共同参画週間等における関連図書の展示をしておりますが、意見を踏まえ、計画を実施していく中で、取り組んでまいりたいと考えております。
36基本目標Ⅲ 政策・方針決定過程への女性の参画拡大「第189回国会」を「 年〇月国会」に修正する。または「第189回国会」の後に(可決年月日)とし、「女性活躍推進法」の正式名称を追加する。2・「女性活躍推進法」については、既に7ページに正式名称を記載しています。また、資料として掲載し、施行日についても記載していますので、原案のとおりとします。
37基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【働く場】について、「就労は、生活の経済的基盤であり、自己実現につながるものです。」を「・・・、自己実現につながるものであり、基本的人権です。」に修正する。1・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
38基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【働く場】について、「持続可能な経済社会の発展」を「持続可能な社会の経済発展」等に修正する。2・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
39基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【働く場】について、「雇用形態の状況は、2005年(平成17年)に女性の4人に1人(25%)だった非正規雇用者が2010年(平成22年)には女性の2人に1人以上(56%)と大幅に増えています。(図表3-4-3)」 に変更する。1・図表3-4-3を追記説明及び修正し、ご指摘の箇所は原案のとおりとします。
40基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【働く場】について、「また、性別を理由とする・・・」の前に 「第5次計画」記載の「そのためには、「女はこうあるべき、男はこうあるべき」という性別で役割を固定した考え方や・・・」を追加する。1・慣行についてではなく、男女雇用機会均等法の差別的取扱いについて言及していますので、原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
41基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【地域】について、「地域において性に基づく差別が拡大しないためには、日頃から一人ひとりがジェンダー(社会的性別)に敏感な視点をもって地域づくりを心がけることが大切です。同時に、女性が方針や意思決定の課程にも参画し、多様な視点や意見が反映されることが必要です」に修正する。1・ここでは誰もが安心して暮らせる地域づくりを目的とし、また、「女性の方針や意思決定の過程への参画」については、「基本目標Ⅲ 政策・方針決定過程への女性の参画拡大」で反映していると考えておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
42基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【様々な困難を抱える人々】について、「…陥りやすくなります。」の後に「男性の意識変革に取組んでいくことが必要です」を追加する。1・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
43基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画【様々な困難を抱える人々】について、「LGBTをはじめ、性的指向、性自認、身体の違い、また多様な関係性のあり方への偏見を取り除き、身近なこととして、正しい理解を深められるよう、あらゆる人の人権を尊重し、多様性を受け入れる社会の実現に向けて~求められています。」に修正する。性的少数者が人口のどれくらいいるかのデーター、性的指向と性自認の解説文を付ける。3・ご指摘の箇所はLGBTのみを指しているのではなく、ひとり親家庭やステップファミリー等の多様な家族の形態、障がい等による身体機能などの違いについても説明していますので、「多様な家族の形態、身体機能などの違いやLGBTに対して、偏見を取り除き、正しい理解を深められるよう、あらゆる人の個人としての人権を尊重し」に修正します。また、「主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備」でご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
44基本目標Ⅳ あらゆる分野への男女共同参画基本目標ⅣとⅤについて、働く場での男女共同参画を進めるための施策については、事業内容が「情報提供」や「啓発」が多くなっているが、「積極的格差是正措置」をうたう長岡京市の条例の理念でいうならば、もう一歩進めて、市内の民間企業内での女性の現実を変えていく取り組みが必要ではないか。事業主行動計画は301人以上の事業所が義務づけだが、その他の事業所も作成してよいわけだから、中小事業所も含めて作成されるように作成支援、キャンペーンなどが求められる。男女共同参画に積極的にとりくんでいる企業を市として顕彰、宣伝したりインセンティブの付与などを行えないか。また、そうした取り組みを通じて、長岡京市の民間企業内での男女格差の実態を市として把握し可視化し、さらなる対策が立てられるようにしてゆくことも事業と位置づけてはどうか。1・原案のとおりとしますが、ご提案の民間事業所への働きかけについては、関係各課と連携しながら事業主行動計画の策定の啓発などを進めてまいりたいと考えておりますので、今後の参考とさせていただきます。
45主要課題7 働く場における男女平等の推進具体的施策番号23について、具体的施策を「事業所・労働者への労働関係法令と先進事例の周知」に、具体的施策の視点を「・・・関係法令の先進的な事例を周知します」、主な事業内容を「・・・推進法の先進事例等に関する情報提供」「労働関係法令の周知及び先進事例等の情報提供」に修正する。1・原案のとおりとしますが、現状からすると、まず労働関係法令や女性活躍推進法等の周知に努めることが重要と考えますので、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
46主要課題7 働く場における男女平等の推進具体的施策番号24について、具体的施策を「女性の就労相談や支援の充実」に、具体的施策の視点を「女性労働者の権利及び就労に関する・・・就労相談や支援体制を充実します」に修正する。主な事業内容に「求職情報の提供」「女性労働者の権利などに関する情報提供」を、担当課に「女性交流支援センター・情報管理課」を追加する。1・ご意見の趣旨は、「施策の方向14 女性の継続就労と起業のための支援」で反映していると考えておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
47主要課題7 働く場における男女平等の推進具体的施策番号25について、具体的施策を「高齢女性の就労機会等の拡大」に、具体的施策の視点を「・・・シルバー人材センターと連携し、女性の就労機会の拡大を図ります」に、主な事業内容を「高齢女性の就労支援の充実」に修正する。1・施策の方向12でも示しているとおり、男女を問わず、それぞれの能力と個性を存分に発揮できる職場環境の整備について啓発活動並びに支援を行いますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
48主要課題7 働く場における男女平等の推進具体的施策番号25について、「能力の活用」は上から目線で失礼な書き方である。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
49主要課題8 地域における男女共同参画の推進「また、東日本大震災をはじめとする様々な災害の教訓を踏まえ、地域防災計画の段階から女性の参画を促し、男女共同参画の視点を取り入れます。また、多様な市民活動においても男女共同参画の視点で運営されるように支援体制を充実します。」に修正する。1・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
50主要課題8 地域における男女共同参画の推進具体的施策番号31について、「男女共同参画の視点に立って防災・災害復興に取り組み、女性のリーダー育成をめざします。」に修正する。
防災に男女共同参画の視点を入れるだけでなく、防災計画の中に女性がリーダーとして位置づけられるシステムの作成が必要である。
1・ご意見を踏まえ、計画を実施していく中で取り組みたいと考えます。
51主要課題8 地域における男女共同参画の推進具体的施策番号31について、主な事業内容を「構成員の1/3以上の女性の参画による地域防災計画の推進」に修正する。1・防災会議については男女共同参画の視点から、女性団体等を加える条例改正を平成24年度に行ったところですが、未だ20%となっています。防災関係機関(自衛隊・消防・警察・土木事務所等)に女性委員の選出について、引き続き働きかけをしていきますので、原案のとおりとさせていただきますが、提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
52主要課題8 地域における男女共同参画の推進施策の方向17を「市民活動グループにおける男女共同参画の推進」に修正し、具体的施策番号34について、具体的施策の視点を「・・・男女共同参画の視点で運営され、性別に偏らないように支援します。」に、主な事業内容を「市民活動サポートセンターでの男女共同参画の推進」に修正する。2・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
53主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備LGBTすべてが相談体制の充実に加えられるべきである。文部科学省の通達では、トランスジェンダーのことを主に論じつつも、それ以外の性的少数者をすべて包含した対応を求めている。「トランスジェンダー」ではなく「LGBT」とすべきである。3・ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
54主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備学校教育の場だけではなく、この項では社会のあらゆる場にLGBT相談体制があるべきですが、少なくとも市役所には体制をつくることもあわせて明記すべきではないでしょうか。1・LGBTの人権については、男女共同参画社会の実現とも関係がありますが、この計画が「長岡京市第4次総合計画」の人権分野の部門別計画として位置付けられていますように、人権の視点で推進していくことが必要だと考えます。政策提言として承りましたが、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
55主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備施策の方向20について、LGBTについては、差別意識というより単に知らない、無意識に当事者に苦しみを与えてしまうことがある。
相談体制の充実と言っても、簡単な勉強をするだけで十分に理解ある行動をとることは難しい面もあろうと思う。
その意味では、市役所や各学校などに、集中してLGBT問題に取り組む担当者(または担当部署)をつくり、職員全員が十分に理解していなくてもその担当者を中心に進めていくなどの必要があるのではないか。当事者にとっても、「この人が担当者(または担当部署)で理解がある人(部署)」とはっきり見えた方が、相談しやすくなる。
長岡京市もLGBT問題の担当部署をつくり、何らかの宣言などを行ってはどうか。
1・LGBTの人権については、男女共同参画社会の実現とも関係がありますが、この計画が「長岡京市第4次総合計画」の人権分野の部門別計画として位置付けられていますように、人権の視点で推進していくことが必要だと考えます。政策提言として承りましたが、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
56主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備具体的施策番号40について、性的少数者は学童期に学校等居場所がなく、精神的に悩む例が多い。学校内に理解を示すポスターを掲示し、本、コミック、絵本等を図書室、保健室等に置いてほしい。7・原案のとおりとしますが、学校においては「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」(平成27年4月30日付文部科学省通知)に基づき、きめ細かな対応に引き続き努めます。
57主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備具体的施策番号40について、担任の先生、司書、養護の先生に性的少数者への理解を深めるために研修をして下さい。4・原案のとおりとしますが、教職員の研修については、府教委を通じて実施され、また、上記通知ではきめ細かな対応が求められていますので、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
58主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備具体的施策番号40について、各小中学校でLGBT支援団体を行っているワークショップを実施して、偏見や差別をなくすような教育を行ってほしい。1・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
59主要課題9 様々な困難を抱える人々の支援と環境整備具体的施策番号40について、市内公共トイレの障がい者向けトイレを「誰でもトイレ」として性別にかかわりなく使えるようにし、そのことを広報して欲しい。1・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
60基本目標Ⅵ あらゆる暴力の根絶DVやストーカー、セクハラなどの対策においては、相談体制の充実も当然ながら、市として大きく「根絶」「許さない」宣言などの態度表明も大事。それと合わせて相談窓口の周知も大胆に行うことで、抑止につながることもある。国の政策から一歩ふみこんで長岡京市独自の姿勢を見せる事業を考えてはどうか。1・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。
61基本目標Ⅵ あらゆる暴力の根絶「それには、地域社会をはじめ学校教育の現場における男女平等やあらゆる暴力の防止につながる意識啓発を進めていくことが求められています。」を「そのためには、地域社会をはじめ学校教育の現場における男女平等や、あらゆる暴力の防止につながる意識啓発を進めて行かなければなりません。」に変更する。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
62基本目標Ⅵ あらゆる暴力の根絶「買売春」を「強要された買売春」に修正する。世界女性会議等で売春は女性の権利であるという考え方もあるから。1・国の「第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」においても、「売買春への対策の推進」の 施策の基本的方向に「性を商品化し、人間の尊厳を傷つける売買春の根絶に向けて、関係法令の厳正な運用と取締りの強化を行うとともに、売買春の被害からの女性の保護、心身の回復の支援や社会復帰支援のための取組、若年層等への啓発活動を促進する。」とあり、こうした文言は使われていませんので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
63主要課題13 女性に対する暴力を許さない社会づくりの意識啓発「男女間のあらゆる暴力」を「あらゆる暴力」に修正する。LGBTの人もいるため、配慮が必要である。1・ご意見を踏まえ、計画に反映します。
64主要課題13 女性に対する暴力を許さない社会づくりの意識啓発具体的施策番号47について、子どもが小さい時から、各小中学校、保育所などで、家庭内でも一人ひとりが大切で平等で暴力は決して許されないことを学べるようにして下さい。1・ご意見の趣旨は、「基本目標Ⅱ 男女平等・男女共同参画の視点に立った教育・学習の推進」で反映していると考えておりますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
65主要課題13 女性に対する暴力を許さない社会づくりの意識啓発具体的施策番号47について、買売春の前に「強要された」と入れる。
世界女性会議等で売春は女性の権利であるという考え方もあるから。
1・前述のとおり、国の「第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」においても、こうした文言は使われていませんので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
66主要課題14  ドメスティック・バイオレンスに対する取り組み具体的施策番号50について、5年間の計画であるのに、「機能強化の検討」と検討するだけであるのは弱すぎる。1・現在、女性交流支援センターでは京都府配偶者暴力相談支援センター等の関係機関との連携強化や、DV被害者支援のワンストップ化と包括的な支援を推進しているところです。今後も引き続き推進しながらさらなる機能強化の検討が必要であると考えますので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
67主要課題14  ドメスティック・バイオレンスに対する取り組み具体的施策番号51について、児童虐待はDVの中に含まれるので「DV 及び面前DVへの支援」と言葉を変える。具体的施策の視点も「児童虐待とDVには密接な関係があることをふまえ」を削除し、「児童虐待とDV」を「DVと面前DV」に変更する。2・具体的施策51については児童虐待とDVの相互の関連性を踏まえた早期支援について記載しているので、ご指摘の箇所については原案のとおりとします。
68主要課題14  ドメスティック・バイオレンスに対する取り組み具体的施策番号53について、 男性被害者の支援とあるが、DVの被害者はほとんどが女性である現状では、加害者は男性であることが多いため、男性被害者支援ではなく、男性加害者更生プログラムが必要である。でなければ、男性加害者は相手を変えてDVをいつまでも働いていくに過ぎない。また、男性被害者の支援は女性交流支援センターではなく、別の部署で対応すべきである。 『支援のあり方の検討』とあるが5年間の計画で検討だけし続けるのか?男性被害者が女性の相談員に心から相談できるのかとういう問題も含めて、女性交流支援センターで支援がおこなえるのか疑問であり、当市にそれが行える部署があるのかどうかも疑問である。1・平成26年に実施した「市民意識調査」によると、男性へのDV被害についても幅広い年代で起こっており、男性被害者・加害者両方へのアプローチが必要であると考えます。また、市では現在、DVや虐待等に対してネットワーク会議等を設置し、関係部署・機関が連携して取り組んでいます。主な事業内容を「関係機関と連携した被害者への自立支援とDV加害・被害男性へのアプローチの仕方についての検討」に一部修正し、引き続き、関係部署や機関と連携しながら取り組みを進めていきます。
69基本目標Ⅶ リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に基づく健康支援「女性は、生理(月経)・妊娠・出産・避妊・中絶・不妊・更年期を通じて、精神面を含めて健康上様々な問題に直面します。また、最近の生殖医療の発展が女性の負担を大きくしている側面もあります。このような問題について、男女ともに認識を持ち、留意する必要があります。」と訂正する。リプロの問題は、妊娠・出産のみにあるように受け取られる表現にならないようにしてほしい。2ご意見を踏まえ、趣旨に沿って計画内容を一部修正します。
70主要課題17 リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に基づく女性の健康支援「人生の各段階に応じて、思春期の性に関する援助や、妊娠・出産期の母性神話が底流にある指導の見直しを含め、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点に立った健康の…」と訂正する。2・原案のとおりとしますが、ご提案として承り、今後の参考とさせていただきます。

長岡京市男女共同参画計画第6次計画(案)の修正

ご意見に対する修正が全編にわたるため、意見募集の際の公表資料(パブリックコメント原案)と、パブリックコメント等を反映させた上で完成した計画書本篇(印刷製本用データ)の両者を掲載します。

※実物の計画書とは色が異なっています。

関連する情報

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

お問い合せ

長岡京市対話推進部男女共同参画センター男女共同参画・交流支援担当

電話: 075-963-5501

ファクス: 075-963-5521

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム