ページの先頭です

4月23日 八条ヶ池でたけのこフェスタ

[2016年5月2日]

ID:5787

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

満開のキリシマツツ

春の陽気が心地よいこの日、キリシマツツジが見頃を迎えた八条ヶ池と長岡天満宮一帯では、市観光協会が主催するたけのこフェスタが開催され、多くの観光客でにぎわいました。

長蛇の列

会場では、観光協会や、都市農業振興クラブが販売する掘りたてのタケノコを求める人々で長蛇の列ができていました。

買い求める客

大きさによって値段ごとに振り分けられたタケノコの山の中から、気に入った物を選んで購入します。列に並んでいたある女性は「西宮から買いに来ました。今年で2回目。西宮の駅に、長岡京のタケノコのおいしさを伝えるポスターが貼ってあるのを見て、すごく買いに行きたくなって。やっぱり鮮度と柔らかさが違いますね。」と話していました。

焼き竹の子

会場では他にも、香ばしい焼きタケノコの販売や…

竹林から収穫したばかりのタケノコ

竹製のおもちゃの販売も。こちらは、竹の節目と色合いを上手に活かした、カブトムシのオブジェ。とても精巧に作られています。

竹の子たこ焼き

一風変わった「タケノコ入りたこ焼き」も販売されていました。(もちろんタコも入っていました)

ガラシャと忠興

おなじみ「お玉ちゃん」や、細川忠興とガラシャに扮したNPO法人戦国つつじの皆さん、亀岡市職員の皆さんが、細川ガラシャを主役にした大河ドラマの誘致活動をPRしていました。

インタビューを受ける市長

テレビ局による取材も行われており、中小路市長が市のタケノコの特徴や質の高さなどをPRしていました。

(4月23日 八条ヶ池周辺で)