ページの先頭です

平成28年度第1回ネットワーク会議 会議録

[2016年5月23日]

ID:5858

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日時

平成28年4月7日(木曜日)午後1時30分~午後2時30分

場所

長岡京市立図書館 大会議室

出席者

21名

原田委員(京都府乙訓保健所)、岩本委員(京都府立向日が丘支援学校)、佐藤委員(乙訓医師会)、疋田委員(乙訓歯科医師会)、小路委員(京都府歯科衛生士会乙訓支部)、藤井委員(長岡京市民生・児童委員連絡協議会)、財前委員(乙訓若竹苑)、三宅委員(乙訓福祉会)、井上委員(乙訓やよい福祉会)、中山委員(あらぐさ福祉会)、石田委員(相談支援事業所・地域生活支援センター アンサンブル)、上林委員(訪問看護ステーション協議会)、横町委員(ホームヘルプセンター 竹の里ホーム)、山岸委員(晨光苑)、奥田委員(長岡京市障がい者地域生活支援センター「キャンバス」)、中原委員(きりしま苑)、能塚委員(乙訓福祉施設事務組合 障がい者相談支援課)、小松委員(乙訓ポニーの学校)、伊藤委員(こらぼねっと京都)、尾瀬委員(てくてく)、岡島委員(長岡京市健康医療推進室)

欠席者

4名

髙畑委員(乙訓医師会)、井上委員(向陵会)、井口委員(知的障がい者相談員)、南本委員(済生会京都府病院福祉相談室)

事務局

4名

神田障がい福祉課長、井手障がい支援係長、渡辺社会参加支援係長、鍋島社会参加支援係主事

傍聴者

2名

配布資料

・長岡京市障がい者ネットワーク連絡調整チーム会議 第1回次第

・資料1 平成28年度長岡京市障がい福祉課担当者一覧

・資料2~4 障害保健福祉関係主管課長会議資料

・資料5 平成28年度長岡京市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針

・資料6 おいでよ♪ほっこりんぐスケジュール(28年度4月~6月分)

・資料7 サービス等利用計画・障害児支援利用計画作成の進捗状況

・資料8 障害者差別解消法 福祉事業者向けガイドライン

・第5次長岡京市障がい者(児)福祉基本計画 本編・概要版

・長岡京市障がい者相談員通信(第5号)

・長岡京市障がい者ネットワーク連絡調整チーム会議運営要綱

議事の流れ

課長あいさつ

1.あいさつ・自己紹介

今年度1回目の会議のため、障がい福祉課職員を含む出席者全員が自己紹介

 

事務局

資料1として、今年度の障がい福祉課職員の担当校区等の一覧を用意した。

長岡中学校区のうち、神足・六小校区は変わらず。長岡第二中学校区も変わらず。長岡第三中学校区、長岡第四中学校区、長岡中学校区のうち長法寺小校区及び聴覚障がい者支援の担当に変更を加えた。

 

乙訓福祉会

計画相談支援が本格的に入ったことで、校区担当の業務や市民との関係性に変化はあったか。

 

事務局

市民が市役所に来た際に話を受けて手続きを行う担当者という点に変化はない。計画相談支援が入ったことで心の距離が少し遠くなったと言われることはある。

 

乙訓福祉会

校区担当者は相談支援専門員とともに利用者のことを考えてくれる人と捉えている。市役所から困っている人を探しに出るようなことは考えられるのか。

 

事務局

現状では難しい。

 

2.情報交換

てくてく

昨年度から指定特定相談支援事業所「ぱれっと」を開始した。すこしずつ利用者が増えているところ。

 

京都府立向日が丘支援学校

昨年度23名卒業した。今年度は小学部47名、中学部47名、高等部64名の計158名でスタートした。4月8日金曜日に始業式を、11日月曜日に入学式を行う予定。

 

乙訓やよい福祉会

昨年度業務用のオーブンを購入し、パンの製造について本格的に取り組んでいる。ほっこりんぐなどの場で販売していくので、見かけた際にはよろしくお願いしたい。

 

乙訓福祉施設事務組合 障がい者相談支援課

今年度から着任した。今は引継ぎを受けつつ勉強している。よろしくお願いしたい。

 

乙訓福祉会

10月にわっしょいフェスタを乙訓の里で行う予定。毎年恒例のイズミヤバザーが耐震工事の影響で販売場所が変わるかもしれない。決まり次第この会議でもお知らせしていく。

 

あらぐさ福祉会

障害福祉センターあらぐさの利用者が1人退所され、施設入所することになった。地域で暮らし続けることの難しさを痛感している。

今年度より、ケアホームいろどり(グループホーム)の開所日を増やしたが、24時間・365日には及ばず、まだまだ運営状況は厳しい。

ケアホームかざぐるま(グループホーム)のスプリンクラー設置については、引き続き課題として残っている。来年度末が期限なので、それまでには解消したい。

 

晨光苑

晨光苑でも指定特定相談支援事業を始めた。

ショートステイの話をいただくことが多い。

職員一人ひとりのスキルアップの必要性を感じている。

 

長岡京市健康医療推進室

今年度から組織改正により課名が変更になったほか、作業療法士1名の採用など、体制に少し変化があった。

今年度から子育て支援の取組みとして「子育てコンシェルジュ」を始めた。4月1日号の広報長岡京に詳しく掲載しているので目を通していただければ。

 

きりしま苑

今年度は組織上大きな異動はなかった。今年度中に移動支援従事者養成研修を実施したいと考えている。

 

ホームヘルプセンター 竹の里ホーム

今年度もこの会議に私が委員として出席するので、引き続きよろしく。

 

訪問看護ステーション協議会

医療費の高い子どもや難病患者への支援に課題がある。また、支援の質を高めていきたい。

 

長岡京市民生・児童委員連絡協議会

民生委員の一斉改選が12月に予定されている。

 

こらぼねっと京都

現在、利用者が300名近くになっている。職員も大変だと思うが、支援の質を落とさずにがんばっていきたい。今年度は特に就労移行支援事業に力を入れて取り組みたい。

 

乙訓若竹苑

若竹苑の就労移行支援について、これまで利用者がなく休止としていたところだが、今年度から廃止となった。

 

乙訓ポニーの学校

児童発達支援について、昨年度24名が卒業した。今年度は長岡京市の利用者が51名いる。相談支援事業は合わせて150名ほど受けている。

 

京都府乙訓保健所

今年度から新たに着任した。積極的に情報提供を行っていきたい。

 

京都府歯科衛生士会乙訓支部

今年度も口腔ケアに力を入れて取り組んでいきたい。

 

乙訓歯科医師会

障がいに特化した事業や取り組みを行っているわけではなく、寝たきりの老人の治療が主になっている。そのほか、各校区での健診を行っている。

 

乙訓医師会

6月に次期執行部が選出される予定。

 

相談支援事業所・地域生活支援センター アンサンブル

法人の中での異動について、しょうがい者就労・生活支援センターアイリスの所長が変わった。アンサンブルの中では職員が3月で退職となり、1人新規採用となって、1人育休から戻ってくる予定。

現在相談支援事業の利用者が200名ほどおり、体制を考えてはいるが、時期によっては2~3か月待ってもらうこともある。

 

事務局

資料2~6について説明。

 

てくてく

資料3のグループホームのスプリンクラーの設置について。建物の耐久や事業所の財政面、住んでいる人の障がい特性など、設置にはいくつかの課題がある。てくてくでは業者に見てもらい、設置そのものは技術的に可能という話を聞いているが、建物は借家であり、設置となると大家の理解が必要になってくる。また、家を返すことになれば現状復帰が必要となり、せっかく設置したスプリンクラーを撤去しないといけなくなる。課題は多い。

大阪府では、府下全ての市町村の総意として、スプリンクラーの設置を要しない要件について、安全確保が担保される範囲内で見直しまたは拡大されるよう総務省消防庁に対し要望している。

期限までの残り2年間で行政でも検討を進めてほしい。

 

事務局

資料7・8について説明。

 

3.その他

事務局

平成27年度から引き続き、今年度も懸案事項として、災害時の対応方法の検討に取り組んでいく。昨年度までに、きりしま苑の協力もあって福祉避難所の設営訓練なども実施できたところ。庁内で部会を設置して取り組んでおり、関係事業所にもお力添えいただいた上でマニュアルを作成したい。今年度のネットワーク会議の中でも、防災の関係部局を呼んで議論したいと考えている。平時からの備えが大切。情報共有や方針の共有をしていきたい。

障害者差別解消法の施行に伴い、長岡京市では職員対応要領を作成した。今日配付した第5次長岡京市障がい者(児)福祉基本計画本編の資料編にもその内容を掲載している。また、今後2年間で障がい者基本条例を制定する。策定作業にあたっては皆様からご意見やご協力いただきたいと考えている。その際にはよろしくお願いしたい。

障害者総合支援法の3年後の見直しについて、その概要が3月の国の会議で示された。新しい障害福祉サービスや原則1割負担の介護保険制度との連携などについて示されている。詳しくは厚生労働省のホームページに掲載されているので見てほしい。平成30年度から施行予定。それに合わせてより住みよいまちになるよう支援のあり方を検討していきたい。向日が丘支援学校の生徒の卒業後の進路先の問題や、日々の生活での不便さの解消など取り組んでいきたい。

本日午後からWAMNETに相談支援従事者初任者研修の情報が掲載される予定であると本日京都府から連絡があった。各事業所で確認しておいてほしい。

 

閉会

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市健康福祉部障がい福祉課(分庁舎3)社会参加支援係

電話: 075-955-9549

ファクス: 075-952-0001

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


平成28年度第1回ネットワーク会議 会議録への別ルート