ページの先頭です

10月23日 スポーツの秋を楽しむ 障がい者スポーツフェスティバル

[2016年10月27日]

ID:6189

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

パン食競走

10月23日、市障がい者団体連合会が主催する「第43回障がい者スポーツフェスティバル 」が西山公園体育館で開かれ、車いすの人や、視覚障がいのある人など約180人が参加しました。
参加者は10種以上のプログラムやコーナーを体験し、スポーツの秋を楽しみました。

吹奏楽部の演奏

開会式では、市マーチングバンドスポーツ少年団が「手のひらを太陽に」を演奏するなど、花を添えました。

障がい者スポーツフェスティバル 開催にあたって

三好会長のあいさつ

市障がい者団体連合会の三好会長は、
「障がいを持つ人も持たない人も、ぜひ競技に参加してください。決して無理をせず、自分のペースでやってください。元気に頑張りましょう」
と挨拶しました。

市長の挨拶

中小路市長は、
「障がいの有無にかかわらず、ぜひ競技を楽しみながら、一人でも多くの仲間を作っていただきたいと思います」と述べました。

豊富な競技を一部ご紹介♪

パン食い競争

「パン食い競争」
コースの途中につってあるパンを口にくわえて走ります。
くわえるのがなかなか難しい!

音を頼りに35メートル競走

「音響競走」
ゴール近くで鳴る音を頼りに走ります。
係員が音を鳴らし「はい、ゴールしました!」と告げます。

車いす35メートル競争

35mの直線を走る「普通競走」。
両手を広げて一番乗りでゴール!

ビーンズバック投げ

「ビーンズバック投げ」
的の中心を狙って、お手玉のような袋を投げます。
的内に入ると、周りからは拍手が。音を頼りにして投げる音響ビーンズバック投げもあります。

紅白玉入れ

「紅白玉入れ」
司会者が意気込みを聞くと、両チームとも「頑張ります!」と、力強く答えました。
100個以上入れたチームも!

大玉ころがし

最後の競技は「大玉ころがし」!
「頑張れー!」という声援の中、リレーで大玉をころがし、汗を流しました。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市 健康福祉部 障がい福祉課(分庁舎3) 社会参加支援係
電話: 075-955-9549 ファクス: 075-952-0001