ページの先頭です

市民協働についての市職員アンケート(平成27年度)

[2016年10月14日]

ID:6270

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市職員を対象とした協働についてのアンケートを実施しました

 市民参画協働政策研究会(通称:協働ワーキング)の平成27年度の取組みとして、市職員を対象としたアンケート調査を実施しました。

 

 

調査の概要

  • 調査対象

正規職員(再任用及び嘱託職員を除く。)

 

  • 調査形式

無記名式アンケート調査

 

  • 調査期間

平成27年1月12日~平成28年2月12日

 

  • 調査数及び回答数

調査数:539名

回答数:406名

回答率:75.3%

 

  • 調査方法

調査票を各課に人数分配布

 

  • 結果概要

 今回実施したアンケートの結果、90%以上の人が「協働」という言葉について知っていました。また、よく意味を知っている、だいたい意味を知っている人が74%となり、平成25年のアンケートより多くなりました。しかし、「協働マニュアル」、「とつげき!となりの市民協働」の存在については、約40%の人が「知らない」と回答していました。中でも、一般職の職員が「知らない」という回答の約半数を占めていました。協働の経験については、「協働した経験がある」が41.6%、「協働した経験はない」が40.9%となり、平成25年のアンケートより協働の経験者が増えましたが、「よくわからない」と回答した人が17%おり、まだ協働に対する知識が不足していると思われます。

 全体を通して、「よくわからない」や「知らない」と回答をしている人は、一般職の職員が多くなっていますが、5年目までの職員までの職員は平成25年のアンケートから比べて少なくなっています。また、年齢及び職級が上位になればなるほど、「よくわからない」や「知らない」の回答は少なくなっています。

 調査内容及び結果詳細は添付ファイルをご覧ください。

 

 

添付

資料1:市民協働についての市職員アンケート

資料2:市民協働についての市職員アンケート結果

お問い合せ

長岡京市市民協働部自治振興室市民参画協働担当

電話: 075-955-3164

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム