ページの先頭です

11月9日~11日【中学生がレポート♪】市内中学生の職場体験活動!

[2016年12月22日]

ID:6331

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月9日~11日までの3日間、市内の公立中学2年生が、事業所や商店、施設などで「おしごと」を体験しました。
中学生は、職場体験を通して働き方や社会のルールを学び、「将来の仕事」や「未来」について真剣に考える機会となりました。

それではその様子を、市役所広報戦略担当へ職場体験に来た長岡中学校の生徒2人に紹介してもらいましょう!

僕たちがレポートします♪

中学生

長岡中学校の北川涼太(写真左)です!
同じく西堀修司(写真右)です!

僕たちは9日から11日まで、市役所広報戦略担当で職場体験をしました。主に、他の中学校の生徒さんが職場体験をしている様子を取材しました。カメラ役とインタビュー役を交代でしました。その内容や、実際体験した感想をお伝えします!

長岡京消防署

長岡京消防署 応急梯子訓練

長岡京消防署では、職場体験中の長岡第2中学校と長岡第3中学校の生徒さんを取材しました。
この写真は、応急はしご救出という、2階の逃げ遅れた人を助ける訓練です。


「はしごの上り下りがこわかった」
「実際やってみたら、思ったより難しい」
と話してくれました。

長岡京消防署指導

長岡京消防署の吉岡さん(写真左)は
「声を大きく出して」
など、指導されていました。

寒い中、真剣に取り組んでいました。

文京堂書店

書店内での看板作成

文京堂では、長岡第4中学校の生徒さんを取材しました。
「本が好きだから、この職場での体験を選びました」
と話してくれました。


店内では、ミニ商店街のパネルに使うアンパンマンを作っていました。作業中はみんな集中して頑張っていました。

ミニ商店街とは、職場体験期間だけ文京堂前で開かれた店です。他店から品物を持ってきて売っていました。

書店前での販売

「商品の良さを伝えるのが難しい」
「商品を傷つけないように気をつけている」
と丁寧に商品を扱っていました。


また
「商品が売れた時、うれしかった!」
と笑顔で話してくれました。

ジョーシン長岡京店

ハンコ押し

JOSHINでは、長岡第3中学校の生徒さんを取材しました。
カタログにハンコを押したり、商品のクリスマスの袋を丸め、バーコードを付ける作業を丁寧に行っていました。
他にもレジでの袋詰めや商品を並べたり、いろいろな仕事をしたそうです。


「ハンコを押すのが楽しかった」
「袋詰めが楽しかった」
と話してくれました。テキパキと仕事をこなしている姿は、本物の店員さんのようでした。

商品整理

「思ったより仕事が多くてびっくりした」
「仕事は大変だということがわかった」
と、仕事の大変さを実感していました。

市役所広報戦略担当での職場体験を終えて

終えて

【北川さん】
取材ではとても緊張しましたが、2回インタビューをして、距離感や質問の内容など、いろいろなことを教えてもらい、積極的にインタビューできました。一眼レフカメラで写真を撮る時は、使い方や撮る角度、ピントの合わせ方などを教えてもらい、良い写真の撮り方がよくわかりました。
とても良い体験ができたので良かったです。


【西堀さん】
写真を撮る時に、最初はどれくらいの枚数を撮ればいいのかわかりませんでした。何回かするうちに、どのような写真をとればいいかわかってきました。自分で構図から考えられるので、とても楽しかったです。
インタビューは、会話が途切れて静かになることが怖かったけれど、事前に質問を考えてからすることで会話を続けられました。普段できない体験ができて良かったです。



(撮影/文 北川・西堀)

【事業主の皆さまへ】職場体験へのご協力ありがとうございました

中学生たちは、職場体験を通して「あいさつ」や「掃除」といった社会のルールを学べたほか、仕事の「おもしろさ」や「苦労」も感じることがあったのではないでしょうか。

こうした機会は、事業主の皆さまの協力あってこそのものです。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

販売、福祉、ボランティアなど分野は問いません。来年度に受け入れ可能な事業所は、市学校教育課までご連絡ください。

問い合わせ:学校教育課
電話番号:075-955-9544
ファクス:075-951-8400