ページの先頭です
メニューの終端です。

防災×婚活 市内初の防災街コン!

[2017年3月16日]

いざという時、頼りになる人を探せるかも?!

身をかがめる

「防災への意識を持ってほしい!」「市内に若い人を呼び込みたい!」という、ふたつの思いが合わさった市初開催となる〝防災街コン〟に、市内外の20代から40代の男女40人が参加しました。


自己紹介&フリートークタイムはもちろん、防災ゲームや応急処置対応を盛り込んだ交流や、防災食をメインとした軽食を楽しむなど、普通とは違ったこの街コン。
参加者は、「防災街コンなんて初めて。変わっていておもしろかった。次もあれば来たい」「興味を持ついい機会だったと思う」と語りました。
カップルが4組誕生。連絡先を交換する姿も見られ、防災への知識と親交を深める1日となりました。


(3月12日、介護老人保健施設「春風」で)

骨折をした時、あなたならどうする?

応急処置

いくつかのグループに分かれて、応急処置訓練!
意見を出し合いながら、骨折した患者役の人の腕を、雑誌やハンガー、ネクタイなどで固定します。

休憩は〝防災食〟でオシャレに

休憩時

トークや企画の合間には、ドリンクや軽食でひと息。

防災食のやつ

保存のきく防災食。きれいに盛りつけられていました。
備えて安心♪

アイスブレイク

防災ゲームやフリートークも。仲良く楽しく♪

おみやげ

帰り際には、防災食と災害時の対策本のおみやげ付き!
こんなに種類があるのを知っていましたか?

防災街コンを終えて

市職員や消防士、市民など有志で結成された「長岡京防災街コン実行委員会」。

実行委員会長の原田さんは、

「反響は予想以上で、応募や問合わせが80件はあった」

といいます。

「なにより、楽しんでいただけたようでよかった。街コンの需要があるとわかったので、他の要素と掛け合わせた街コンを考えてもおもしろいのではと思う」

と、手応えを感じた様子で語りました。

 

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660 ファクス: 075-955-9703

お問い合せフォーム