ページの先頭です
メニューの終端です。

長岡京市庁舎等再整備基本構想の策定について

[2017年5月8日]

平成29年4月に「長岡京市庁舎等再整備基本構想」を策定しました

長岡京市庁舎等再整備基本構想とは

 現庁舎の耐震性の確保、分散化、バリアフリー等の課題に対応するための新庁舎への建替え、および本市の中心市街地の活性化等について、基本的な方針を定めるものです。

 

なぜ、庁舎の建替えが必要なのか

 現庁舎には、耐震性や老朽化の他、分散化、狭あい化、高度情報化への対応、バリアフリー、災害時の事業継続性といった改修だけでは解決できない課題があります。これらの課題解決のためには、庁舎の建替えが必要です。

 

今後のスケジュール

 平成29年度は、基本構想を基に、より詳細な検討を行い、それらをまとめた基本計画を策定する予定です。

その後、設計に約2年間の期間を要し、平成32年度からの工事着手を目指しています。

 

※ スケジュールは、今後の進捗状況により変更になる可能性があります。また、必要に応じて各種団体との意見交換会やパブリックコメントの実施など、市民の皆さんのご意見を取り入れていきます。

 

長岡京市庁舎等再整備基本構想

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市総合政策部公共施設再編推進室財産管理活用担当

電話: 075-955-9680 ファクス: 075-951-5410

お問い合せフォーム


長岡京市庁舎等再整備基本構想の策定についてへの別ルート