ページの先頭です
メニューの終端です。

若葉カップ準優勝!×未来への種まきプロジェクト始動!

[2017年8月4日]

長岡京市男子チームが準優勝!

男子は銀メダルを獲得!

7月28日から激闘が繰り広げられた第33回若葉カップ全国小学生バドミントン大会。全国から地方予選を勝ち抜いた96の強豪チームが参加する中、なんと長岡京市バドミントンスポーツ少年団(男子)が準優勝しました!
昨年の初の準優勝に続いて2回目。女子も第5位という好成績を収めました。

若葉カップ

(7月31日、西山公園体育館で)

女子チームも大健闘!

ラオスからバドミントン選手団が来日!

集合写真

7月28日から始まった「未来への種まきプロジェクト」。長岡京市は、2020東京オリンピックパラリンピック関連事業として、、今後5年間にわたりさまざまな国のジュニアチームを招致し、交流を行います。他国との交流を通じて“バドミントンのまち長岡京市”を世界に発信します。

その記念すべき第1カ国目として、ラオス人民民主共和国から小学生バドミントン選手団が来日しました。

(7月28日、市役所で)

交通安全パネルお披露目集合写真1

ラオス人民民主共和国は、東南アジアに位置し、中国やタイと国境を接している自然豊かな国です。

選手団代表のソムサヴェン・センシラヴォンさんは
「ラオスのバドミントン選手団として外国に来るのは初めてのことなので、子どもたちにとっても大切な経験になると思う」
と話しました。

取材の様子

ラオスのバドミントン選手団初来日ということもあり、新聞社やテレビ局から取材を受けました。

ラオス選手との交流試合1

長岡京市スポーツ少年団とラオスバドミントン小学生選手団との初交流試合です!

ラオス選手との交流試合2

全国準優勝チームとも、互角の戦いを演じ、ラオスチームの実力の高さが感じられました。

言葉は違えど、同じルールのもと熱くなれるのがスポーツの素晴らしいところですね。

日本代表ナショナルコーチからのメッセージ

同じく体育館内には、リオオリンピックタカマツペア優勝時のコーチでもある、日本代表ナショナルコーチ中島慶(丁其慶/ティン・チーチ)さんからのビデオメッセージも。

ビデオメッセージを見る選手たち

フェイスブックでも、市内のいろいろなことを写真付きで掲載中!

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660 ファクス: 075-955-9703

お問い合せフォーム