ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険課職員を名乗る不審電話に注意!

[2017年10月13日]

「国民健康保険課職員を名乗る不審な電話があった」という相談が急増しています。

行政機関の職員を名乗り、「医療費を返還(還付)します」などの電話があった、という情報が多数寄せられていますので、十分ご注意ください。

これまでに相談があった事例

  • 「国民健康保険課のスズキ」、「国民健康保険課のクボ」など、国民健康保険課職員を名乗る者(男性・女性)から電話があった。
  • 「4月に医療費の累積還付分の通知を送付したが、手続きされていないため電話した」と言われた。
  • 「高額療養費ではないが、約5年前のもので、1万5,000円分の還付がある」と言われた。
  • 「払戻金の通知を送ったが、申請期限が9月いっぱいなので確認してください」と言われた。
  • 「4月に送った15,500円ほどの還付金の通知があるが、返送がされていない」と言われ、名前・住所・口座番号を伝えると、「中信(京都中央信用金庫)から連絡があるので」と言われ電話を切られた。その後、中信のエンドウと名乗る男性から連絡があり、通帳の残高を言うように言われた。

銀行に行くようにとは言われていないとのことですが、市役所から個別に電話をすることはないため、詐欺の可能性が高く、注意が必要です。

市役所では行いません

  • 書面を送らず、電話だけで還付の手続きを急かし、手続きの指示をすることはありません。
  • 還付金受け取りのために金融機関やコンビニなどのATMの操作を求めることはありません。
  • 納付のために金融機関の口座を指定して、個人名義や会社名義の口座へ振り込みを求めることはありません。

まずは誰かに相談を

このような電話があったら、まず最初に家族・知り合いに相談し、市役所・国民健康保険課などで事実を確認してください。必要に応じて警察署・消費生活センターに相談してください。

長岡京市消費生活センター

電話番号:955-3179
窓口受付時間:平日(火曜日を除く)の午前9時~正午、午後1時~4時

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合わせください。

お問い合せ

長岡京市市民協働部消費生活センター

電話: 075-955-3179 ファクス: 075-955-9703

お問い合せフォーム