ページの先頭です

カプラワークショップ

[2018年4月27日]

ID:7471

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

カプラワークショップ

在園児と参加希望の保護者を対象に、園児の創造力の可能性を広げるために、フランス生まれの木製の造形遊具「KAPLA®(カプラ)」を使って造形遊びを行う「カプラワークショップ」を開催しました。

事業実施時期

平成29年11月6日(月曜日)

実施場所

長岡カトリック幼稚園内

事業内容および教育上の成果

当日はインストラクターを招き、50分の公演を2回に分けて開催しました。

15,000ピースのカプラを使い、インストラクターの指導の下、基本的な積み方のコツからダイナミックな大作まで様々な形状の作品の作り方を教わりました。

カプラは幼稚園の教材として日常的に使用していますが、インストラクターの指導により遊びのバリエーションが広がり、工夫して作品を完成させることができました。

公演後も園児同士で協力して作品作りに励む姿も見られ、園児の創造力向上につながりました。

ワークショップの様子

インストラクターの指導の下、カプラを積み上げます。

色々な形を作ることができるため、創造力の向上につながりました。