ページの先頭です

「長岡京市生産緑地地区の区域の規模に関する条例(案)」意見公募の結果

[2018年8月31日]

ID:8037

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年4月に制定された都市農業振興基本法に伴い、都市農地に対する国の方針が大きく転換し、今まで「宅地化すべきもの」と位置付けられてきた都市農地が、都市に「あるべきもの」と位置付けられ、計画的に都市内の農地を保全すべきとされました。

これを受けて、平成29年6月に生産緑地法が改正され、これまで一団で500平方メートル以上と法に定められていた生産緑地地区の面積要件について、300平方メートル以上500平方メートル未満の範囲であれば市町村が条例によってこれを引き下げることが可能になりました。

長岡京市では今回の法改正を受けて、都市内の貴重な緑地であり、新鮮な農産物の供給だけでなく、ヒートアイランドの緩和や雨水の貯留、また延焼防止や良好な景観の形成など多様な機能を持つ生産緑地の積極的な保全を図るために条例を制定することとしました。

この度、その条例案に対して市民の皆様からご意見やご提案を募集しましたところ、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

お寄せいただいたご意見、これに対する市の考え方を公表いたします。

ご意見募集期間

平成30年7月9日(月曜日)から8月6日(月曜日)まで

ご意見提出数

1名(1件)

結果公表日

平成30年8月31日(金曜日)

ご意見の内容とこれに対する市の考え方

ご意見の内容とこれに対する市の考え方
意見の該当箇所意見の内容件数市の考え方
2条(規模)優良農地を少しでも長く多く残すために、500平方メートル未満の生産緑地全てを守ってもらいたいが、国が定める面積要件の範囲があるという事なので、その下限値である300平方メートルに決めていただきたい。1件ご意見をふまえ、案のとおり生産緑地地区の区域の規模を300平方メートル以上とする条例の制定に向けて手続きを進めてまいります。

公表資料

お問い合せ

長岡京市建設交通部都市計画課計画・景観担当

電話: 075-955-9521

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


「長岡京市生産緑地地区の区域の規模に関する条例(案)」意見公募の結果への別ルート