ページの先頭です

中国寧波市との友好都市35周年!乙訓高校と効実中学が姉妹校に

[2018年9月26日]

ID:8154

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

友好都市盟約締結から35年!

寧波市歓迎の横断幕をかかげ、市役所で記念撮影

長岡京市と中国寧波市が友好都市盟約の締結から今年で35周年を迎えました。これを記念して、寧波市から行政団が市を訪れ、市内を視察しました。

中小路市長は「市を挙げて熱烈歓迎します。この35周年の機会に、より一層強い絆を深めていきたい」と思いを語り、
李関定副市長は「35年間共に発展してきた貴市と、今後も産業・人事交流などを続けていきたい。またぜひ寧波市に来てください」と応え、これからの両市の友好を願いました。

姉妹校締結式の様子

35周年を迎えたことを機に、乙訓高校と寧波市の効実中学が姉妹校となりました。
効実中学は、日本でいう高校に相当し、ノーベル生理学・医学賞受賞者を輩出するなど中国でもレベルの高い学校です。

乙訓高校の越智校長は「学習・スポーツなどを通して、寧波市との国際的な交流の活性化を望んでいます」とコメント。
李副市長は「この姉妹校の締結が、両市のさらなる交流の進歩の礎となるよう願っています」と語りました。

(9月20日、市役所で)

乙訓高校では生徒会からのプレゼンも

乙訓高校生のプレゼンテーション

乙訓高校による、学校紹介プロモーション。
各スポーツで好成績を収めていることや、体育祭や文化祭など、学校行事に熱心に取り組む姿をPRしました。

寧波市歓迎の横断幕をかかげ、記念撮影

発表を担当した生徒会と寧波市行政団で記念撮影。

市役所へ表敬訪問

寧波市から記念品の贈呈で、切手が贈られました。

両市の記念品を交換。
寧波市からは、美しい風景が描かれた切手が贈られました。

友好姉妹都市からの記念品の展示

船など有効姉妹都市からの記念品の展示

35周年記念に寧波市から送られた古代船を展示しています。遣唐使の時代から日本の窓口となった港町 寧波市。当時、日本との間を行き来していた商船の模型を新たに展示しています。

場所:図書館1階(休館日除く)


寧波市写真展

図書館1階で寧波市写真展を見ている女性

寧波市との交流の歩みのほか、発展を遂げる寧波の街並みや自然、仏閣などを紹介しています。
立命館高校の生徒が作ったパンフレットも配架しています。手にとってご覧ください。

期間:10月5日(金曜日)まで
場所:図書館1階エントランス

中国寧波市って、どんなところ?

「初めて知った!」「名前は聞いたことあるけど…」そんな人は友好都市中国寧波市のページをご覧ください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部秘書課秘書係
電話: 075-955-9500
ファクス: 075-951-5410