ページの先頭です

西山の恵みを取り戻すために 力を貸してください

[2018年11月19日]

ID:8212

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

被災前と後の西山キャンプ場の写真

台風21号の記録的な強風により、市域の4割を占める西山では、倒木や林道の崩落など過去にない甚大な被害が発生しました。

これまでのようにたくさんの方が西山を訪れ、安心して楽しんでいただけるよう、市や西山森林整備推進協議会などと一丸となって生物多様性に富んだ美しい西山の復興に取り組んでいきます。西山を、自然を、動植物を、山歩きを愛する皆さんの、これまで以上のご支援をどうかよろしくお願いします。

ふるさと納税のお申込みはこちら(市民の方の気持ちも大歓迎)

甚大な森林被害。植樹した苗木が奇跡的に残っています

京都西山再生プロジェクトへのふるさと納税寄付者の方と植樹を行った『カブトムシの森』と『オオムラサキの森』も甚大な被害を受けました。

今年度は植樹した苗木が元気に育つように、二つの森の管理を行い、西山キャンプ場までの林道に『いろどりの道』エリアの設定を計画していましたが、被害により実施を見送る可能性がでてきました。まずは台風に耐えた苗木を守り、一刻も早く元の健全な森に戻すため、倒木の伐採と整理、金網柵の修繕を優先的に行います。

カブトムシの森

倒木により、シカの食害対策として囲っている柵が倒壊しました。
カブトムシの森 被災前の写真

被災前(平成29年11月)

カブトムシの森 被災後の写真

被災後

オオムラサキの森

斜面全域で倒木があり、作業道も通れない状態です。
オオムラサキの森 被災前の写真

被災前(平成29年11月)

オオムラサキの森 被災後の写真

被災後

たくましく育つ苗木たち

これだけの被害の中、9割以上の多くの苗木が、雨風に負けず頑張ってくれていました。

苗木の写真(その1)
苗木の写真(その2)

植樹体験は中止となりました

プロジェクトに支援いただいた皆さんと、11月に植樹を計画していましたが、安全性が担保できないため中止することとなりました。

来年度こそ、皆さんを植樹体験に案内できるよう、復旧に取り組んでいきます。

昨年度の植樹イベントの様子の写真(その1)

昨年度の植樹イベントの様子

昨年度の植樹イベントの様子の写真(その2)

西山全域で大きな被害が発生しています

林道・作業道・施業路

西山の林道や作業道などのいたるところで、倒木や道の崩落が発生しています。現在、立石林道及び鉢伏林道を通行止めにしており、復旧次第、市ホームページでお知らせする予定です。その他の林道なども被災しているため、安全が確認できるまで通行をお控えください。

被災した道の写真(その1)
被災した道の写真(その2)
被災した道の写真(その3)

歩道

多くの方が使われる歩道も被災し、危険な状況になっています。

被災した歩道の写真(その1)
被災した歩道の写真(その2)

西山キャンプ場

倒木により安全が確保できないこと、水道管が破損し炊事場等が使えないことなどから、現在閉鎖しています。

西山キャンプ場の写真(その1)
西山キャンプ場の写真(その2)

人工林

植林されたヒノキやスギの森も崩壊しています。

被災した人工林の写真(その1)
被災した人工林の写真(その2)

二次林

西山の約6割を占める二次林(雑木林)でも、被害が深刻です。

被災した二次林の写真(その1)
被災した二次林の写真(その2)

竹林

森林内の竹林やタケノコを採るために管理されている竹林でも被害が見られます。

被災した竹林の写真(その1)
被災した竹林の写真(その2)

金網防護柵

シカやイノシシの食害から新芽を守るため、里山保全の一環として西山一帯に張っている金網柵も被災しました。

被災した金網防護柵の写真(その1)
被災した金網防護柵の写真(その2)


台風通過後、職員で日々調査を行っている中ですが、現在把握できている被害はほんの一部です。

引き続き、調査を進めると共に復旧に向けて取り組んでいきます。


京都西山再生プロジェクトのこれまでの取り組み

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

組織内ジャンル

環境経済部農林振興課西山森林整備係

お問い合せ

長岡京市環境経済部農林振興課西山森林整備係

電話: 075-955-9687

ファクス: 075-951-5410

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム


西山の恵みを取り戻すために 力を貸してくださいへの別ルート