ページの先頭です

目標はオリンピックメダル!3人の小学生剣士が表敬訪問

[2018年12月28日]

ID:8386

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未来のアスリートを目指して

フェンシング市代表で選ばれ、表敬訪問にきた小学生と、市長。剣を前に突き出してポーズ

オリンピックを目指す優れた資質のあるジュニア選手の発掘・育成をするための「京の子どもダイヤモンドプロジェクト」。
昨年、その7期生フェンシング部門に選ばれた市内小学生3人が、市役所を訪問。全国大会である「天王山カップ」での試合を控え、意気込みを語りました。

(12月20日、市役所で)

市長と話す小学生たち。笑顔で椅子に座っています

育成選手として選ばれたのは、長岡第五小学校の今井くるみさんと今村文音さん、長岡第八小学校の白石宇香さん。

「今年4月から練習をしっかりしてきた。8月の合宿では食事や体のことを勉強した。その経験を試合につなげ、試したい。自分を今まで応援してくれたお父さんお母さんのためにも頑張りたい」
と強い意志を示しました。
今後の活躍に期待が高まりますね!

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを別ウィンドウで開きます。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問い合せください。

お問い合せ

長岡京市対話推進部広報発信課広報戦略担当

電話: 075-955-9660

ファクス: 075-955-9703

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合せフォーム